新卒入社、研修、配属、そして2年目の夏

Share Button

ハイサイ(^^)/
mediba seasorizeカンパニー 事業推進部の長嶺です。
毎年思いますが、今年の夏も暑いですね。
この時期に毎年行っているseasorizeの三大イベントの一つ、周年祭
今年もこの春に入社した新卒社員とともに準備も大詰めを迎えていますが、
今回は昨年の周年祭の企画と運営を担当した2018年度4月入社の二人に、
駆け抜けたこの一年半について尋ねてみたいと思います。

__あれから一年と半年。振り返ってみてどうですか?

M美: 初めは社会人としてどう振舞ったらいいか分からなくて、先輩に質問をしにいくのもすごい緊張しました…。 新しいことを覚えることに一生懸命で毎日が目まぐるしくて、入社時研修の時は、1週間がほんとにあっという間。上司の方々に毎日アドバイスをもらって、少しずつ社会人としてのマナーや業務内容を覚えていきました。あれから1年半って本当に早いなと…

K子: 私もとにかく緊張していて、ただただ1日を過ごすのが必死だったのを覚えています…。最初は緊張してM美さんとの話もぎこちなくて、研修を通してやっと腹を割って話せるようになりました。疑問に思っても質問することを遠慮していた私が、質問する勇気、前に出る勇気が出せるようになったと思います。

M美: 私も同じく周りの人に質問するのを遠慮していましたが、研修を終えてから一皮むけた気がしました! とてもいい経験になったと思っています。
研修報告発表会が終わったあとはやり切った感じがして、とてもホッとしたことを覚えています。

__ふたりとも、配属先は希望通りだったの?

M美: 私は第一希望の広告を扱う部署に配属されてとても嬉しかったです!
もともとIT系の分野に触れることが初めてで、知識もほとんど無かったので最初は不安でしたが、一から丁寧に教えてもらえたので、日々奮闘しながらも今日までやってこれたように思います。

K子: 私は第二希望のアプリ検証を行う部署に配属されて、サイト更新業務を任せてもらいました。また、携わる業務は直接変わらなかったのですが、半年過ぎたあたりで他チームへの異動があり、勤務形態も変わり、沢山の変化がありました。
環境に慣れるのは大変でしたが、そのおかげで沢山の人と関わることができて、 ここでよかったと思えるようなお仕事をさせてもらえて、 第一希望ではなかったですが満足しています。

__実際に業務をやるようになって、何が大変でしたか?

M美: 私は最初「広告の審査」という漠然としたイメージしかなくて、実際に業務に入っていくと、社内基準や薬機法や景表法と照らし合わせて審査を進めるため、覚えることがとにかく多くて大変でした…。先輩に丁寧に教えてもらって少しずつ慣れていけたので今があります!

K子: 私も先輩方の手厚いサポートのおかげで慣れていけました。私の業務に関しては、2人で対応するペア作業が多く、1年目からチェックシート作成や他者へのレクチャーなど、様々なことを任せてもらいました。苦労もありましたが、とてもいい経験になっています!

__二人が携わった社内イベントでの思い出はありますか?

M美: 社内イベントは1年を通して3回運営をさせてもらいましたが、 100人近く集まるような規模のイベントを一から企画、運営することが初めてだったので社会人生活の中でも特に心に残っています。右も左も分からず、手探りのスタートでしたが、とにかくみんなを楽しませたい!っていう思いで試行錯誤していたな~。時間が無くてすごく焦ったりもしたんですけど(笑)
でも、みんなの笑顔を見たときはホッとしたし、この経験が今に活きていると思います!大変でしたけど楽しかったです☆

K子: 私は、初めて担当した周年祭の時に余裕のない進行で思い通りにいかなくて悔しい思いをしました…改めて皆をまとめて引っ張っていくことの難しさを感じました。
でも、納会、期末会と回を重ねるごとに、 みんなの意見をまとめるためにアンケートを取ったり、準備段階からいろいろ工夫をしたり、前回の反省を生かしながら企画できたので、最後に担当した期末会では何も思い残すことがないほど満足のいく企画ができたと思っています! サポートしてくれた先輩方に本当に感謝です。次は参加者側としてイベントを思う存分楽しみたいです!(笑)

__これからの決意、意気込みを一言!

K子: 今は業務のプロフェッショナルになることが目標です。
分かっているようで細かい知識がなかったりするので、みんなの助けになる手順書を率先して作るなどして、会社の財産になるものを残していけたらなと思っています。

M美:  私は、インプットだけでなくアウトプットも意識してきます!
まだまだ覚えることが沢山あるのですが、 覚えることで精一杯だった1年目を終えて、これからは周りの先輩方が私に教えてくれたように、この経験を後輩にも伝えていきながら、 もっと成長していきたいと思っています!

K子: こうやって振り返ってみると、本当にいろいろなことがあって、なんだか懐かしい気持ちになります。ここまで楽しくお仕事ができたのも、周囲の支えがあったからだと本当に思いますし、私も先輩として後輩たちの助けになれるよう、大きく飛躍していきたいです!

___

いま二人は、それぞれの部署で担当業務をこなすだけでなく、
自分自身とseasorizeのみんなの成長につながることは何なのかを考えながら、
自分たちが経験し学んだことをみんなと共有する取り組みをしています。

そういった気持ちを持ち続けている限り、
彼女たちの成長はこの先もずっと続いていくはず。
私たちもうかうかしていられません!

日々成長

Share Button

こんにちは、広報ユニットです。

雪の降らない沖縄ですが、
今年の冬はいつも以上に冬服の出番が少なかった気がします。

現在の気温も25℃。。。2月中旬なのに夏日の気温です。
沖縄外はあいにくの曇り空

半袖で出勤している社員も多いなか、更にアツいイベントをご紹介します。

seasorizeでは福利厚生の一つに
ベストパフォーマンス賞というものがあります。

月1回、その月に活躍したメンバーを
各チームから選出し投票数が一番多い社員を昼礼で表彰していたりします。

そのベストパフォーマンス賞に輝いた喜友名を今回はご紹介します。

それでは早速、推薦した長嶺より選出理由を聞いてきました!ベストパフォーマンス賞①★長嶺談:
新入社員の処理件数が伸び悩んでいたため
喜友名が主軸となって該当者のモニタリングを実施していました。

モニタリングをする中で原因を突き止め、
改めて対応方法を構築し、新入社員3名の処理件数を
大幅に改善させることに成功!

その他にも突発的な事由にも適切に対応し1月で一番輝いていた1人だった。★

1月のベストパフォーマンス賞に選ばれるのも納得ですね。

そんな素敵なパフォーマンスをした喜友名にもインタビュー。
喜びの受賞コメントがこちら。

★喜友名談:
このような名誉な賞を自分が頂けるなんて
本当にありがとうございます!
新入社員へのレクチャーは自分にできるのか不安でしたが
周りのサポートのおかげで乗り越える事ができ、良い経験をさせて頂きました。

これからも皆様のお役に立てるよう頑張りたいと思います!!★ベストパフォーマンス賞②素敵な笑顔も一緒にいただきました。

成長を続ける社員を全力で応援し
これからも共に成長できる会社を目指します。

毎日いろいろな”HAPPY”があふれています。

義理か本命か!

Share Button

こんにちは、広報ユニットです。

2月の一大イベントバレンタインデー。
意中の男性に女性からプレゼントする”本命チョコ”や
知人の男性へプレゼントする”義理チョコ”は知っていましたが、
いつの間にか”友チョコ”や”逆チョコ”などいろいろな名前の付いた
チョコがでてきているようです。

seasorizeでも日ごろの感謝の気持ちを込めて男性社員へチョコレートをプレゼント!

男性社員が出社するまでに机上にプレゼントを仕込んだり、
直接手渡ししたりとグループごとでそれぞれ対応方法を考えてくれました。バレンタイン①

美麗なパッケージが多く見ているだけでも楽しいです。バレンタイン②

言葉にできなくても日々感謝しています。
伝えきれない思いはメッセージカードにのせて。
~いつもありがとう~メッセージカード

男性社員には、いつも以上に”HAPPY”を感じてもらえると嬉しいです。

3月は女子社員が最上級の”HAPPY”をいただけることでしょう♪
楽しみに待ってます♪

 

沖縄から発信

Share Button

こんにちは、広報ユニットです。

沖縄では旧暦の12月8日に、健康・長寿を願って
月桃の葉で巻いた餅(ムーチー)を食べる風習があります。

旧暦の12月8日は1月下旬から2月上旬にあたり
その時期は沖縄で一番気温が低くなることから
ムーチービーサー(鬼餅寒)とよばれていますが今年は暖かい日が多いです。

今回はムーチービーサーもなんのその
最高気温24℃のなか1/18(金)・1/19(土)の2日間で行われた
IT津梁まつり2019をご紹介します。IT津梁まつり①開催場所のANA ARENA浦添(浦添市民体育館)

IT津梁まつりは、沖縄最大級のIT体験イベントであり
小学生から大人まで幅広い世代の方々に県内IT企業の紹介と
最先端のIT技術の体験と次世代のIT人材育成のためのイベントです。

seasorizeも県内IT企業として今年もIT津梁まつりに参加してきました。
※『沖縄県BPO産業協議会』会員企業として参加しています。

ちなみに『沖縄県BPO産業協議会』のBPOとは
ビジネスプロセスアウトソーシングの略称です。IT津梁まつり

IT初心者の若い世代に楽しんで参加できるように
IT用語や企業情報などが書かれたカルタ取りや1分間タイピング競争など
たくさんの方々にブースに足を運んでいただきました。IT津梁まつり③カルタは小学生に大人気!

IT津梁まつり④かわいいカルタは全て手作りです。

IT津梁まつり②タイピング競技は専門学校生や大学生が上位を独占。
列ができるほどの大盛況です。

そのほかのブースでは各企業からドローン飛行や360度VR体験、         高校や大学からも課題研究発表など、さまざまな出展がされ
今年は53ブースへ11,000人以上の来場者が訪れました。

新しいものが創りだされるIT業界!
沖縄から世界へたくさんのものが発信されています。

 

年始の恒例行事

Share Button

 

まだまだ正月気分が抜けません。
こんにちは、広報ユニットです。

今回も正月ネタですが
1/7に会社祈願のため沖縄県護国神社へ行って参りました。

沖縄県護国神社は奥武山公園内にある会社から一番近い
モノレール(ゆいレール)やバスなどの公共機関からもアクセスし易い神社です。

seasorizeでは護国神社での会社祈願は年始の恒例行事になっています。

手水舎で手水をとり心身を清め、いざ会社祈願へ!
今年も社員の安全と会社の繁栄、そして日ごろの感謝もわすれずに祈願します。会社祈願①

無事に祈願終えた後は記念の1枚もパシャリ!みんな良い顔しています。会社祈願④

今年の干支の亥は、
新しい成長に備えて目標に向けて準備するための1年でもあるそうです。

社員一人ひとりの成長とともに
会社も一緒に成長できるよう共に歩いていけると素敵ですね。いのしし

今年も”HAPPY”な年でありますように。

seasorizeの年越し

Share Button

あけましておめでとうございます。
広報ユニットです。

年始挨拶の後になり話が前後しますが、
今回はseasorizeの年越しの様子をお伝えしたいと思います。

12月28日はseasorizeの仕事納めのため
午後から全員で年末大掃除を実施した様子です。

今年の汚れは今年のうちに!仕事も掃除も全力投球。大掃除①

。。時々例外もいます。大掃除②でも楽しそう。

そ・し・て、掃除が終わったら毎年恒例の納会の開始♪♪♪
今年の納会は手作り感満載のアットホームな雰囲気です。納会①

2018年度の新卒が一生懸命に作り上げた楽しい納会となりました。納会②

100名超えの参加者と共にホテルからの料理と特大ケーキ、
そしてさまざまなドリンクにたくさんの笑顔が咲いてます。納会④

料理は和洋折衷、何でもありでおしゃれ。納会⑥

ケーキはこの日のための特注品。納会⑦

カンパニー長の挨拶から始まり
各ユニットリーダーが選んだ年間ベストパフォーマンス賞の発表、
最後の締めくくりはグループリーダーの2019年抱負の発表まで          喜びが溢れる”HAPPY”な一日となりました。

何故かカンパニー長挨拶時にマイク不調で急遽メガホンで代用。カンパニー長

2019年度抱負発表前のグループリーダー4人衆。GL

新卒2年目で本社へ3ヶ月出張し業務巻取りなどを行うなど           2018年度もっともseasorizeで輝いた照屋。
リーダーからの信頼も厚く、年間ベストパフォーマンス賞を受賞。

★★★おめでとう★★★年間ベスパ

こちらは今回司会も努めた新卒2人組。お疲れさまでした。納会③

2019年も社員の変わらぬ笑顔とseasorizeを取り巻くたくさんの人々にも
HAPPY”がたくさん届きますように!納会⑧

本年度もよろしくお願いいたします。

謹賀新年

Share Button

あけましておめでとうございます。

2019年は平成から新元号に変わるとともに干支も一回りして節目の年になります。

猪のように信念を貫きながら目標に向かって躍動する年になれるように
社員一丸となって邁進して参ります。2019年

旧年中は誠にありがとうございました。
本年も変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

Trick or treat(トリックオアトリート)

Share Button

ハイタイ、広報ユニットです。

出遅れてしまいましたが季節ネタを紹介いたします。
年々メディアなどでも取り上げられ話題性が高くなるハロウィンですが
seasorizeには今年も可愛い訪問者が。。。くまのこ保育園①

沖縄産業支援センター内保育園の(くまのこ保育園)の園児たちです。
「ごちそうをくれないと、いたずらしちゃうぞ!」くまのこ保育園②

いたずらしちゃっても許せちゃいます!くまのこ保育園③

前から見ても後ろからみても可愛いすぎ。くまのこ保育園④

毎年ハロウィンになると園児たちが仮装して産業支援センターの各企業をまわり
幸せを届けてくれる嬉しい行事になっています。

たくさんの戦利品を持って次の企業訪問に行く                 園児を見送るときは寂しささえ感じます。

更に今年はseasorize内でも仮装して業務を行うというシュールな1日となりました。seasorize①

一部プロも混じっていたようです。seasorize②
今年も“HAPPY”がたくさんあふれる1日となりました。

今年も夏の恒例イベントを開催!

Share Button

はいさい!カンパニー企画部 松潤です!

すっかり日差しも和らぎ風も季節の変わり目を感じさせる今日この頃ですが、
実は去る9月に毎年夏の恒例イベント ”周年祭” を開催しました。

seasorize(シーソライズ)と命名されてからは2回目となる今年は、
宜野湾マリン支援センターさん全面協力によるプールサイドBBQ!
100名近い参加者で盛大に開催することができました。pool

今回の周年祭テーマは「ゆいまーる ひとりは皆のために」。
HAPPYの源は ”つながり” 。それらを結ぶのは ”感謝のこころ” がコンセプト。

この自動化の時代に、敢えて手動のかき氷機を投入し、
敢えてそこに管理職を動員するなど、随所にその ”想い” を散りばめています。
kids

お食事も全品バイキング形式にせず、お肉料理だけはBBQ方式したのもその一つ。
じゅーじゅーと溢れ出る肉汁、飛び跳ねる油に、交流が生まれ、自然と笑みがこぼれます。
server2

空腹具合も手伝って、おいしい食事にあちらこちらで満面の笑顔、笑顔、笑顔?server

この日に合わせて帰省した長期で東京出張中のメンバー(写真左)。
しばらく離れていても、交わす言葉は、あっり乾杯!
kanpai

東京からお越しいただいた江幡社長は、
お母さん社員と一緒に参加の子供たちと水遊び、、、
を通り越して、水まみれ。。。社長、すいません。。
water

いつも頑張っている社員とそれを支えるご家族あってのseasorize
長濱カンパニー長も、皆に楽しんでもらおうと社員のご家族と交流。top

カンパニー長は社員が喜んでくれるなら、着替えはなくとも、
何度でも水に落とされます(お約束)。。fall

会場も温まってきたところで、ランダムで10組に振り分けたチームでの
クイズと競技の総合点を競うチーム対抗イベント!

特に、
①かき氷の早食い
②プールに浮かんだ風船奪取
③風船の中にあるお題のブツ(人)を見つける借り物競争、
④ ↑③をクリア次第スタートの競泳25m「往復」自由形

上記①~④をリレー形式で行った競技では、
適材適所と戦術、土壇場の度胸と体力、
即席混成でいかに団結できるかが勝敗を分けました。
game smile

競技を終えて各々ゆっくりとした時間を楽しんでいる間に、あたりはゆまんぎ。
最後は、屋上に灯されたキャンドルを囲んで、童心にかえる花火の集い。
fireworkshanabi_1

飛び散る火花とあたりいっぱいに広がる煙の中、
それを子供たちとやさしく見つめるひと、両手の花火を振りまくるひと等々、
みんな隣が誰とか立場とか気にせず、終始はしゃぎ通しでした。
itazura

このイベント、企画から各種手配、当日の運営まで、
今年度入社の新卒社員とプロジェクトメンバーが一生懸命進めてくれました。

CREDOのValueに沿った仲間の素敵な行動を称えあい、
社員同士で日ごろの感謝の気持ちを伝え合う社内ツール ”CREPO” には、
そんな彼らにseasorizeが掲げるCREDOのValueと共に多くの感謝のメッセージが。。re_CREPO

周年祭をいっしょになって手伝い、盛り上げてくれた参加者全員との
”つながり” を一番感じたのは、他でもない彼らかもしれません。

メッセージにもあるように、みんなで楽しめた最高の周年祭。
この達成感と一体感は、これから更にseasorizeを盛り上げることと思います。

Baby steps to Giant strides

Share Button

はいさい! カンパニー企画部 松潤です!
海開きしても冷たくて楽しむには厳しかった4月の海。
最近からようやく泳げる水温になってきましたね。
(写真は会社からほど近い波の上ビーチ)
naminoue

4月当初は緊張でガチガチだった新卒入社の二人も
nervous

社員みんなからあたたかく迎え入れられ、kanpai

一日一日を大事に学びながら、serious

カンパニー長や部長らを前にそれまでの研修で学んだことを、
自分たちの言葉で堂々と発表するまでになりました。presenter5 comment3 presenter2 comment2 comment1

約1ヶ月半の研修期間を終えた二人は、それぞれの想いを胸に、
今週からあたらしい配属先でのお仕事が始まっています。

見ること聞くことどれも初めてで、
自分にできるだろうかと不安に思うこともある二人ですが、
新しいことができることに「今からワクワクしてます!」なんて、        頼もしい限りです。
lecture1

大きな進歩はその小さな一歩の積み重ねから。
来年の今頃には、後輩を励まし支えてあげられる
そんな素敵な ”先輩”に成長している姿が、今から目に浮かびますね。