備えあれば憂いなし!

Share Button

ハイサイ!広報ユニットです。

2月9日(月)日本列島に寒波が南下する、
ということで、沖縄県も南国とは思えない寒さ・・・。
気象庁によると、2月10日(火)県内の最低気温は、
国頭村奥で午前5時3分に8.0度を記録。
そのほか名護市宮里、南城市糸数、渡嘉敷村渡嘉敷島の3地点で
10度を下回ったとのこと。

そんな寒波が押し寄せる中、medibaが入居する
沖縄産業支援センター全テナント企業が参加しての
「自衛消防総合訓練」が実施されました。
bousai (1)

当初のシナリオでは、1階駐車場に避難する予定でしたが、
生憎の天候のため、急きょ、館内1階ホールに集合に。
bousai (5)

毎年、防災訓練を行っているので、突然の変更もなんのその。
各班長の指示・誘導の元、社員1人1人に配布された「非常持出袋」をひっさげ、
無事に訓練を終えることができました。
bousai (3)

社員全員の避難を確認した後は、「避難完了○」の印をオフィス入口にセット↓
bousai (2)

medibaでは、消防法に則り、自衛消防計画書の作成、
防火・防災管理者選任、届出もしっかりと行い、
社員1人1人に、災害時に備えた「非常持出袋」を配布しています。
「非常持出袋」の気になる中身は、こちらから。
bousai (4)

『備えあれば憂いなし』

これからも、medibaでは、消防法、労働安全衛生法、厚生労働省令等に基づき、
産業医による健康診断及び面接指導を行うなど、
法令を遵守した取り組みを行っています。