沖縄県初上陸は、即興劇?!

Share Button

ハイサイ、広報ユニットです。

海の向こうでは、第88回アカデミー賞の発表を控え、
徐々に盛り上がってきている様子。

「今年のオスカーに輝くのはどの作品か?」なんて、予想報道も流れてくる中、
とある会議室の一室で行われた、mediba沖縄支店の研修。

今まで実施してきたものとは一味違う、“即興劇” をベースとした体験型プログラム。
その名は、『インプロシンキング・ワークショップ』。
株式会社インプロジャパンさんとのコラボにより、沖縄県内企業で、初導入となりました。

アカデミー賞を目指すわけではないですが、みんな舞台稽古のような出で立ちです。
impro_opening

★インプロとは
即興(インプロビゼーション)から来た言葉で、
その場その場で起きたことを受け入れて創っていくエンターテイメント。

はい、台本も打ち合わせもありません。

たとえば、舞台をコンビニとして、一方がアルバイトを演じ出せば、
他方はそのフォーカスされた “場” 、 “面白くする” との共通の方向性(目的)の下、
『役割』を瞬時に考え、店長や客として演技する。

『インプロシンキング』は周囲の状況や自分自身を含む変化を瞬時に感じ、
受け入れることで、常に新しい変化を創造していくというもの。
これ、日々の生活でも、ビジネスでも求められるスキル。
impro_opening

普段、特に考えなく無意識(条件反射的)に行って、
凝り固まってしまった自分の考え方の “癖(くせ)” を認識し、
どこがポイントで何が必要かのコツを掴む。
より柔軟な “自分力” を高めるための研修というわけです。

これまで受けた研修と、だいぶ異なる内容に、
戸惑いを隠せない沖縄支店の管理職メンバー。
まずは、カラダのウォーミングアップから。
impro_warmingup1

緊張は解れてきたものの、
いつもはすることのない姿勢に
体幹はグラグラ、普段使わない筋肉はギシギシ。
これからトレーニングする頭や内面も、
きっとこんな感じなのかと思うと前途多難な予感。。。impro_warmingup2

徐々に頭の体操的な要素も加わって、
「さんかく」「しかく」「まる」「二重まる」と言われるがままに皆で整列。
※口頭での隊列調整等は厳禁

次第に「れ」「い」といった平仮名や、
「十」「中」といった漢字も追加し、全員で自在に隊列移動。
状況を把握し役割を担うとはどういうことなのかを体感していきます。

全体で動いた後は、二名一組での表現訓練。
下の写真は、文字ではなく、ある “モノ” を表現したものですが、
お題が何か分かりますか?

口で相談できない分、相手を慮って、自分のアクションを決める皆。
桜梅桃李と言っていいのか、人によって表現も様々です。。。
(みんな “ハサミ” のつもりです)
impro_hasami

午前中で心身ともにオーバーヒート気味の全員に
支給された、『彦本店』のお弁当。 lunch2

本当に疲労困憊だったメンバー。
ただひたすらに黙々と。。。午後の研修に向けて体力充電中。
lunch1

後半戦は、午前中の “序章” を踏まえて、
論理的な解説も交えながら、内容もステップアップ。impro_lecture2

それぞれが実際にやってみて感じたことを、フィードバックし合いながら、impro_extend2

どこが難しくて、自分にできないことが何なのか
次第に気付きも多くなっていく面々。
impro_extend3

研修の中では、『内面を鍛える』のほかに、
『内面を引き出す』ポイントの話も。
知らず知らずのうちに発想力を抑え込まないように、
管理職の舵取りも大事です。
impro_lecture1

終盤は、今日一日学んだことを総動員した4人組寸劇。
impro_4_1

一文節ずつ「わたしが○○村の」「村長で」「xxをしていたところ」「△△」と言ったように、
シリトリではなく、セリフを続けていく単純なもの。
ただし、当然ながら台本も打ち合わせも無しのため、
難易度は(今回の中では)最高レベル。impro_4_3

前の人が何を言うかで刻々と状況が変わる中、
どう続けようか悩む場面も多く、即興というにはほど遠い仕上がりながら、
インプロの片鱗を知ることはできたかな(?)impro_4_2

そしてラストは、全16名での一文節劇。
出だしは、「Kマネージャーは~」のセリフからスタート。
そこに「今日は」「誕生日です。来週から」「本社出張ですが」との滑り出し。
「東京に行っても」「頑張ってください」「お誕生日」「おめでとうございます!」と
きちんと16人目で締まったところで、 “HAPPY BIRTHDAY TO YOU♪” の大合唱。

研修中にまさかのサプライズで、Kマネージャー(写真中央)も満面の笑み。
最高の誕生日になったかな。おめでとー。kappa_birthday2

『ケーキを出す』以外は、タイミング不明、台本無し。
瞬時に “場” を読み、“目的” を察して、自らの “役割(セリフ)”を果たす。
正にインプロビゼーションの “触り” は実感できたはず。

あとは、私生活や日々の業務の中で発揮していけるか否か。
まだまだ遠く険しい道のりかもしれないけれど、力を合わせてやって行きましょうー!impro_ending

イケてる?『M4』、渋谷に降り立つ

Share Button

「ここなんかどうです?」
「前の人たちが行ったからなー」
「では、都庁なんてどうでしょう?」
「都庁?何しに?」
「もっと、“イケてる” 場所ないです?」

・・・・・・・ワイワイガヤガヤ。
1_行先MTG

ハイサイ!
広報ユニットの道明寺こと、KISHIMOTOです!
(色々とごめんなさい)。

え? いきなり何の話かさっぱりですって?
実はこれ、CREDO交流出張である『琉球の風』の様子。

早いもので、『琉球の風』も第4弾。
“4” という数字に便乗してか!?
今回のメンツは、男・男・男・男のメンズ4名。

東京に初めて足を踏み入れるメンバーもおり、
こりゃ、都会に舐められてはいけない!
イメージだけは、『花の4人組(Flower four)』で。
『F4』ならぬ、『M4(mediba four・mens four)』で爽やかに出発!
2_出発前

“イケてる雰囲気” を崩さぬまま、
東京に降り立ち、ヒカリエ31階オフィスへ。
まずは、富士山を眺めつつ、キメてみる。
6_富士山

都会に馴染んでいるオーラを十分にアピールした後は、
執行役員との懇話会。
4_役員懇話会

続いて、CREDO・ES推進室の皆さんと企画会議。
こんな施策があったらもっともっと
東京・沖縄間の距離が縮まるのではないか?など、
みっちりと濃厚な話が出来ました。
5_ミーティング

“イケてる” 男子は、エクササイズも忘れない。
(さすが、意識が高い!)
恒例の卓球大会では、『M4』の花沢こと、Tリーダーが見事優勝。
開会式
8_優勝

大会翌日には、社長とも一戦を交えました。
卓球

夜の懇親会は、副社長が参戦。
“イケてる” 場所で、“イケてる” ビジネスマン論に、花が咲く。
7_夜懇親会

“イケてる” 男子は、都会の街にも馴染む。

「東京に初めて足を踏み入れるメンバーがいる」
「東京という土地を知ってもらいたい」
「“イケてる” 雰囲気を崩したくない」

ということで、東京×沖縄メンバーで、議論した結果、
『花の4人組、TV局行脚』が決定!
9_行先MTG結果

TBS@赤坂にて。
12_TBS

TV TOKYO@神谷町にて。
13_TVTOKYO

竹下通りで、モニターに映る自分たちに興奮し、思わず1枚パシャリ。
(ヤバい、お上りさんだとバレてしまう!)
“イケてる感” が喪失しつつあるメンバーに喝を入れつつ、続・TV局行脚。
11_竹下通り

日テレ@汐留にて。
14_日テレ

フジテレビ@お台場にて。
15_フジ

ん~、どれも素晴らしいショットだ。

ココは外せない、au新宿にも。
auでんき』好評受付中です!(沖縄は対象外)
10_au新宿(auでんき)

満員電車、アクロバティックな乗り換え、
歩くスピード、人ごみをかき分ける技術、沖縄との気温差20度。

道中、様々な景色や街の雰囲気に触れ、
東京本社メンバーがどのような環境で働いているのか?
を体感することが出来ました。

もちろん、出張で見たこと、聞いたこと、感じたことは
沖縄支店メンバーへ共有。
16_共有会

東京本社の皆さん、今回も大変お世話になりました!
これからも、仕事に家庭に “男” を磨き続けます♪
17_ゴール

沖縄最大級ITの祭典!

Share Button

ハイサイ、広報ユニットです。

あっという間に、1月が過ぎ去り、今日から『春節』。
旧正月に突入しました。
沖縄でも、一部の地域では、旧正月をお祝いします。

また、1月~2月にかけては、桜のシーズン。
沖縄の桜は、寒緋桜(カンヒザクラ)と呼ばれ、本土の品種とは異なるもの。
日本一早い桜は、沖縄本島北部で咲き始め、気温の低下とともに開花。
桜前線は北から南へと南下します。
よって、この時期の沖縄は、フラワー関連のイベントが目白押し。

そして、そんな桜前線よりも一足先にやってきたのが、
年に1度、我々、沖縄IT業界の一大イベント・IT津梁まつり2016
祭り会場案内①

沖縄県内、幅広い世代の学生さん(小・中・高・専・大)を対象に、
様々な “IT体験” をしてもらう県内最大級のIT体験イベント。
県内IT企業・学校などが出展。それぞれの取り組みを紹介・展示するほか、
タッチタイピングコンテスト、3Dプリンターを使った体験コーナーなど、
子供向けイベントを実施し、未来のIT人材に繋げるファンづくりを行うもの。
it (6)

5回目を迎える今回は、出来立てホヤホヤの豊見城市民体育館にて開催。
豊見城市民体育館①

2016年は、18校・34社がブース出展。
昨年の3,200名を上回る、5,084名(※)の皆さんにご来場いただきました。
※実行委員会調べ
1日目全体②

我々、mediba沖縄支店も、2年連続でイベント出展。
今年は、『沖縄県BPO産業協議会』加盟企業としても参画し、企画・設営をサポート。
※BPO:ビジネスプロセスアウトソーシングの略称。
BPOブース③(目隠し)

協議会ブースでは、“BPO業界” の認知向上を目的に
『リモートクイズバトル』を開催。
“BPO-MAN” と名付けた “NEW HERO” が、
スクリーンの向こうから、BPOに関するクイズを出すというもの。

「BPOって何かわかるかな~」
「当てたら、お菓子がもらえるぞ~」

遠隔操作されているPC画面から、リアルタイムで言葉を掛け、
子供たちの心をガッチリ捕まえました。行列に大忙し。。。
BPO産業協議会①

その頃、1階メインステージでは、
高校生向け『BPOって何?BPO業界入門セミナー』に、
沖縄県BPO産業協議会・理事を務める、
mediba沖縄支店・支店長が、パネリストとして、登壇。
支店長登壇前①

300名の高校生の皆さんを前に、自身の高校時代のエピソード等を交え、
あれやこれやとお話をさせていただきました。
it (4)
it (3)

一方、mediba企業ブースも、初日から大盛況♪
1日目来客⑧

若いパワーに囲まれ、会社説明も一段と熱が入ります。
1日目来客⑦

初日は、約70名を超える学生の皆さんに立ち寄っていただきました。
1日目来客①

皆さんからいただいたアンケートには、
「会社の雰囲気がとても良さそう」
「研修制度もしっかりして、安心して働けそう」
medibaで働いてみたいので、もっと詳しく知りたい」
など、嬉しいコメントが多数・・・(泣)。
将来、ぜひ、medibaへ加わってください! 待ってます!
アンケート①

2日目は、スマートフォンを使っての『auスマートパス』アプリ体験。
子供たちで溢れかえる、medibaブース。
2日目来客①

「またやりたい!」
と、期間中、3度もブースに訪れてくれるお子さんも♪
とおる君

初日を上回る、約100名のお子さん達が来場。
親御さんにも「沖縄にmedibaあり!」と、しっかりアピールができました。
2日目来客③

生憎の天候の中、medibaブースにお越しいただいた皆さま、
本当にありがとうございました。

鬼軍曹、レク制度を活用するの巻

Share Button

ハイサイ!
広報ユニットの “鬼軍曹” こと、KISHIMOTOであります!

イチゴ狩り楽しそうだな~」
ピザ作りも面白そうー」
「うちのチームは花見なんていいかもね!」

えっ? 花見?
沖縄本島北部で『さくら祭り』してるからって、
そんな文化的な企画を、私がするとお思いで?

ぬぉぉぉぉ~、考えが、甘い、甘すぎる!!
仕事はカラダが資本!2016年1年の始まりだ!
今年1年健康に過ごすために、レク制度で、心もカラダも鍛え直しだ!

「えぇぇぇ・・・・・・・」

そんな、テンションダダ下がりのメンバーをよそに
訓練に選んだ地は、ココ 『フォレストアドベンチャーIN恩納』。
1_フォレストアドベンチャー

フォレストアドベンチャーとは、
専用のハーネス(命綱)を着用して、樹から樹へ。
空中を移動していく、ヨーロッパで人気の森林冒険施設のこと。

フォレストアドベンチャーIN恩納』 は、
沖縄ならではの自然の森を活かした
日本国内では4番目のアドベンチャースポーツ&パーク。

“自分の安全は自分で管理すること”
が、大前提の訓練にはもってこいの場所だ。
2_注意事項

「これ、レク制度だよね・・・?」
琉装したり団結して脱出するのが正解なんじゃ・・・・」

コラッ、そこ、聞こえてるぞ!
みなで同じことを体験し、共に素晴らしい汗を流す。
これも立派なレクリエーションだ!
さぁ、乗った乗った!
3_バス

天気良し、景色よし。
これは素晴らしいトレーニングになるに違いない!
4_景色

荷物を預けたら速やかに整列。スタッフの指示に従い、ハーネスを装着。
5_ハーネス①

「おー、何かちょっとテンションあがってきた」
「どんなコースなんだろう」

ふむ。少しは意識が変わってきたようだな。
6_ハーネス②

では、まずはこいつからだ。
7_空中散歩①

「高いです。。」
「落ちたらどうしよう。。」

甘ったれるな!!!!!
しっかり安全を確保して前に進むんだ!
8_空中散歩②

そうだ。君たちはやればできるんだ!
9_見上げる人

「なんだこれ、楽しーい!」
そうだ、不安なのは最初だけだ!
楽しさを全面に表して飛び込んでみろ!

「ひゃっほー♪」
10_滑空

そーだ。心から楽しくなってきただろう。

って、ん?
まだ恐れがあるのか?やれるはずだ!
ここまで歩いてきた自分を信じて飛び込んでみろ!
11_ターザン①

「あ~れ~♪」

よくやった!
教えてもいないのに最大の楽しみ方、
“後ろ向きダイブ” とは素晴らしい!
12_ターザン②

みな、良く頑張った。
久しぶりに長時間カラダを動かし、さぞ疲れたことだろう。

プレミアムモルツ飲み放題の
室内バーベキューレストラン『OCEAN GRILL』で
空腹を満たし、乾いた喉を潤すぞ!
14_サントリーザ・プレミアムモルツ OCEAN GRILL

同じ汗を流した者同士、同じ釜の飯を食う。
これぞmediba流。

乾杯!
15_乾杯

さぁ、焼け焼け。
16_肉

食べて、飲んで、話して、飲んで、
17_モルツ

最後は、今日の訓練を肴に飲みまくれ。
18_トーク

「まだです、隊長! まだ終わりではありません!」

食事後、現地解散のはずが、一致団結してゲームジャック。
立っているのもやっとだろうに、お前らときたら・・・(嬉泣)。
19_対戦ゲーム

「最初は不安だったけど楽しかった」
「なんかこれぞ、レクって感じ」
「普段話さないことも話せて良かった」

よしよし。
今回のレクで1日チームで動いたことで、一体感が醸成されたな。

来期のレク制度も、
どんな訓練を課すか楽しみにしていたまえ!
20_集合写真