沖縄最大級ITの祭典!

Share Button

ハイサイ、広報ユニットです。

あっという間に、1月が過ぎ去り、今日から『春節』。
旧正月に突入しました。
沖縄でも、一部の地域では、旧正月をお祝いします。

また、1月~2月にかけては、桜のシーズン。
沖縄の桜は、寒緋桜(カンヒザクラ)と呼ばれ、本土の品種とは異なるもの。
日本一早い桜は、沖縄本島北部で咲き始め、気温の低下とともに開花。
桜前線は北から南へと南下します。
よって、この時期の沖縄は、フラワー関連のイベントが目白押し。

そして、そんな桜前線よりも一足先にやってきたのが、
年に1度、我々、沖縄IT業界の一大イベント・IT津梁まつり2016
祭り会場案内①

沖縄県内、幅広い世代の学生さん(小・中・高・専・大)を対象に、
様々な “IT体験” をしてもらう県内最大級のIT体験イベント。
県内IT企業・学校などが出展。それぞれの取り組みを紹介・展示するほか、
タッチタイピングコンテスト、3Dプリンターを使った体験コーナーなど、
子供向けイベントを実施し、未来のIT人材に繋げるファンづくりを行うもの。
it (6)

5回目を迎える今回は、出来立てホヤホヤの豊見城市民体育館にて開催。
豊見城市民体育館①

2016年は、18校・34社がブース出展。
昨年の3,200名を上回る、5,084名(※)の皆さんにご来場いただきました。
※実行委員会調べ
1日目全体②

我々、mediba沖縄支店も、2年連続でイベント出展。
今年は、『沖縄県BPO産業協議会』加盟企業としても参画し、企画・設営をサポート。
※BPO:ビジネスプロセスアウトソーシングの略称。
BPOブース③(目隠し)

協議会ブースでは、“BPO業界” の認知向上を目的に
『リモートクイズバトル』を開催。
“BPO-MAN” と名付けた “NEW HERO” が、
スクリーンの向こうから、BPOに関するクイズを出すというもの。

「BPOって何かわかるかな~」
「当てたら、お菓子がもらえるぞ~」

遠隔操作されているPC画面から、リアルタイムで言葉を掛け、
子供たちの心をガッチリ捕まえました。行列に大忙し。。。
BPO産業協議会①

その頃、1階メインステージでは、
高校生向け『BPOって何?BPO業界入門セミナー』に、
沖縄県BPO産業協議会・理事を務める、
mediba沖縄支店・支店長が、パネリストとして、登壇。
支店長登壇前①

300名の高校生の皆さんを前に、自身の高校時代のエピソード等を交え、
あれやこれやとお話をさせていただきました。
it (4)
it (3)

一方、mediba企業ブースも、初日から大盛況♪
1日目来客⑧

若いパワーに囲まれ、会社説明も一段と熱が入ります。
1日目来客⑦

初日は、約70名を超える学生の皆さんに立ち寄っていただきました。
1日目来客①

皆さんからいただいたアンケートには、
「会社の雰囲気がとても良さそう」
「研修制度もしっかりして、安心して働けそう」
medibaで働いてみたいので、もっと詳しく知りたい」
など、嬉しいコメントが多数・・・(泣)。
将来、ぜひ、medibaへ加わってください! 待ってます!
アンケート①

2日目は、スマートフォンを使っての『auスマートパス』アプリ体験。
子供たちで溢れかえる、medibaブース。
2日目来客①

「またやりたい!」
と、期間中、3度もブースに訪れてくれるお子さんも♪
とおる君

初日を上回る、約100名のお子さん達が来場。
親御さんにも「沖縄にmedibaあり!」と、しっかりアピールができました。
2日目来客③

生憎の天候の中、medibaブースにお越しいただいた皆さま、
本当にありがとうございました。