新卒入社、研修、配属、そして2年目の夏

Share Button

ハイサイ(^^)/
mediba seasorizeカンパニー 事業推進部の長嶺です。
毎年思いますが、今年の夏も暑いですね。
この時期に毎年行っているseasorizeの三大イベントの一つ、周年祭
今年もこの春に入社した新卒社員とともに準備も大詰めを迎えていますが、
今回は昨年の周年祭の企画と運営を担当した2018年度4月入社の二人に、
駆け抜けたこの一年半について尋ねてみたいと思います。

__あれから一年と半年。振り返ってみてどうですか?

M美: 初めは社会人としてどう振舞ったらいいか分からなくて、先輩に質問をしにいくのもすごい緊張しました…。 新しいことを覚えることに一生懸命で毎日が目まぐるしくて、入社時研修の時は、1週間がほんとにあっという間。上司の方々に毎日アドバイスをもらって、少しずつ社会人としてのマナーや業務内容を覚えていきました。あれから1年半って本当に早いなと…

K子: 私もとにかく緊張していて、ただただ1日を過ごすのが必死だったのを覚えています…。最初は緊張してM美さんとの話もぎこちなくて、研修を通してやっと腹を割って話せるようになりました。疑問に思っても質問することを遠慮していた私が、質問する勇気、前に出る勇気が出せるようになったと思います。

M美: 私も同じく周りの人に質問するのを遠慮していましたが、研修を終えてから一皮むけた気がしました! とてもいい経験になったと思っています。
研修報告発表会が終わったあとはやり切った感じがして、とてもホッとしたことを覚えています。

__ふたりとも、配属先は希望通りだったの?

M美: 私は第一希望の広告を扱う部署に配属されてとても嬉しかったです!
もともとIT系の分野に触れることが初めてで、知識もほとんど無かったので最初は不安でしたが、一から丁寧に教えてもらえたので、日々奮闘しながらも今日までやってこれたように思います。

K子: 私は第二希望のアプリ検証を行う部署に配属されて、サイト更新業務を任せてもらいました。また、携わる業務は直接変わらなかったのですが、半年過ぎたあたりで他チームへの異動があり、勤務形態も変わり、沢山の変化がありました。
環境に慣れるのは大変でしたが、そのおかげで沢山の人と関わることができて、 ここでよかったと思えるようなお仕事をさせてもらえて、 第一希望ではなかったですが満足しています。

__実際に業務をやるようになって、何が大変でしたか?

M美: 私は最初「広告の審査」という漠然としたイメージしかなくて、実際に業務に入っていくと、社内基準や薬機法や景表法と照らし合わせて審査を進めるため、覚えることがとにかく多くて大変でした…。先輩に丁寧に教えてもらって少しずつ慣れていけたので今があります!

K子: 私も先輩方の手厚いサポートのおかげで慣れていけました。私の業務に関しては、2人で対応するペア作業が多く、1年目からチェックシート作成や他者へのレクチャーなど、様々なことを任せてもらいました。苦労もありましたが、とてもいい経験になっています!

__二人が携わった社内イベントでの思い出はありますか?

M美: 社内イベントは1年を通して3回運営をさせてもらいましたが、 100人近く集まるような規模のイベントを一から企画、運営することが初めてだったので社会人生活の中でも特に心に残っています。右も左も分からず、手探りのスタートでしたが、とにかくみんなを楽しませたい!っていう思いで試行錯誤していたな~。時間が無くてすごく焦ったりもしたんですけど(笑)
でも、みんなの笑顔を見たときはホッとしたし、この経験が今に活きていると思います!大変でしたけど楽しかったです☆

K子: 私は、初めて担当した周年祭の時に余裕のない進行で思い通りにいかなくて悔しい思いをしました…改めて皆をまとめて引っ張っていくことの難しさを感じました。
でも、納会、期末会と回を重ねるごとに、 みんなの意見をまとめるためにアンケートを取ったり、準備段階からいろいろ工夫をしたり、前回の反省を生かしながら企画できたので、最後に担当した期末会では何も思い残すことがないほど満足のいく企画ができたと思っています! サポートしてくれた先輩方に本当に感謝です。次は参加者側としてイベントを思う存分楽しみたいです!(笑)

__これからの決意、意気込みを一言!

K子: 今は業務のプロフェッショナルになることが目標です。
分かっているようで細かい知識がなかったりするので、みんなの助けになる手順書を率先して作るなどして、会社の財産になるものを残していけたらなと思っています。

M美:  私は、インプットだけでなくアウトプットも意識してきます!
まだまだ覚えることが沢山あるのですが、 覚えることで精一杯だった1年目を終えて、これからは周りの先輩方が私に教えてくれたように、この経験を後輩にも伝えていきながら、 もっと成長していきたいと思っています!

K子: こうやって振り返ってみると、本当にいろいろなことがあって、なんだか懐かしい気持ちになります。ここまで楽しくお仕事ができたのも、周囲の支えがあったからだと本当に思いますし、私も先輩として後輩たちの助けになれるよう、大きく飛躍していきたいです!

___

いま二人は、それぞれの部署で担当業務をこなすだけでなく、
自分自身とseasorizeのみんなの成長につながることは何なのかを考えながら、
自分たちが経験し学んだことをみんなと共有する取り組みをしています。

そういった気持ちを持ち続けている限り、
彼女たちの成長はこの先もずっと続いていくはず。
私たちもうかうかしていられません!

今年も夏の恒例イベントを開催!

Share Button

はいさい!カンパニー企画部 松潤です!

すっかり日差しも和らぎ風も季節の変わり目を感じさせる今日この頃ですが、
実は去る9月に毎年夏の恒例イベント ”周年祭” を開催しました。

seasorize(シーソライズ)と命名されてからは2回目となる今年は、
宜野湾マリン支援センターさん全面協力によるプールサイドBBQ!
100名近い参加者で盛大に開催することができました。pool

今回の周年祭テーマは「ゆいまーる ひとりは皆のために」。
HAPPYの源は ”つながり” 。それらを結ぶのは ”感謝のこころ” がコンセプト。

この自動化の時代に、敢えて手動のかき氷機を投入し、
敢えてそこに管理職を動員するなど、随所にその ”想い” を散りばめています。
kids

お食事も全品バイキング形式にせず、お肉料理だけはBBQ方式したのもその一つ。
じゅーじゅーと溢れ出る肉汁、飛び跳ねる油に、交流が生まれ、自然と笑みがこぼれます。
server2

空腹具合も手伝って、おいしい食事にあちらこちらで満面の笑顔、笑顔、笑顔?server

この日に合わせて帰省した長期で東京出張中のメンバー(写真左)。
しばらく離れていても、交わす言葉は、あっり乾杯!
kanpai

東京からお越しいただいた江幡社長は、
お母さん社員と一緒に参加の子供たちと水遊び、、、
を通り越して、水まみれ。。。社長、すいません。。
water

いつも頑張っている社員とそれを支えるご家族あってのseasorize
長濱カンパニー長も、皆に楽しんでもらおうと社員のご家族と交流。top

カンパニー長は社員が喜んでくれるなら、着替えはなくとも、
何度でも水に落とされます(お約束)。。fall

会場も温まってきたところで、ランダムで10組に振り分けたチームでの
クイズと競技の総合点を競うチーム対抗イベント!

特に、
①かき氷の早食い
②プールに浮かんだ風船奪取
③風船の中にあるお題のブツ(人)を見つける借り物競争、
④ ↑③をクリア次第スタートの競泳25m「往復」自由形

上記①~④をリレー形式で行った競技では、
適材適所と戦術、土壇場の度胸と体力、
即席混成でいかに団結できるかが勝敗を分けました。
game smile

競技を終えて各々ゆっくりとした時間を楽しんでいる間に、あたりはゆまんぎ。
最後は、屋上に灯されたキャンドルを囲んで、童心にかえる花火の集い。
fireworkshanabi_1

飛び散る火花とあたりいっぱいに広がる煙の中、
それを子供たちとやさしく見つめるひと、両手の花火を振りまくるひと等々、
みんな隣が誰とか立場とか気にせず、終始はしゃぎ通しでした。
itazura

このイベント、企画から各種手配、当日の運営まで、
今年度入社の新卒社員とプロジェクトメンバーが一生懸命進めてくれました。

CREDOのValueに沿った仲間の素敵な行動を称えあい、
社員同士で日ごろの感謝の気持ちを伝え合う社内ツール ”CREPO” には、
そんな彼らにseasorizeが掲げるCREDOのValueと共に多くの感謝のメッセージが。。re_CREPO

周年祭をいっしょになって手伝い、盛り上げてくれた参加者全員との
”つながり” を一番感じたのは、他でもない彼らかもしれません。

メッセージにもあるように、みんなで楽しめた最高の周年祭。
この達成感と一体感は、これから更にseasorizeを盛り上げることと思います。

Baby steps to Giant strides

Share Button

はいさい! カンパニー企画部 松潤です!
海開きしても冷たくて楽しむには厳しかった4月の海。
最近からようやく泳げる水温になってきましたね。
(写真は会社からほど近い波の上ビーチ)
naminoue

4月当初は緊張でガチガチだった新卒入社の二人も
nervous

社員みんなからあたたかく迎え入れられ、kanpai

一日一日を大事に学びながら、serious

カンパニー長や部長らを前にそれまでの研修で学んだことを、
自分たちの言葉で堂々と発表するまでになりました。presenter5 comment3 presenter2 comment2 comment1

約1ヶ月半の研修期間を終えた二人は、それぞれの想いを胸に、
今週からあたらしい配属先でのお仕事が始まっています。

見ること聞くことどれも初めてで、
自分にできるだろうかと不安に思うこともある二人ですが、
新しいことができることに「今からワクワクしてます!」なんて、        頼もしい限りです。
lecture1

大きな進歩はその小さな一歩の積み重ねから。
来年の今頃には、後輩を励まし支えてあげられる
そんな素敵な ”先輩”に成長している姿が、今から目に浮かびますね。

 

新卒研修も折り返し地点を通過!

Share Button

はいさい!seasorize カンパニー企画部 松潤です。
18年度新卒社員が入社して4週目に突入しました!

彼らの研修も、ビジネスマナー基礎からExcelなどのOffice基礎、
各部門の事業内容研修と、受講が中心だった前半戦から、
必要な情報を自分から動いて集めて整理する後半戦に。
serious

自らの課題を捉え、その解消に必要な情報と行動が何かを考えながら、
打合せのための先輩社員とのスケジュール調整なども自分たちで。
教える側も教わる側もどちらも真剣です。
WB2

二人には、この研修期間を通して知識だけでなく、
主体的に動くこととそのやり方も学びつつ、
seasorizeを盛り上げ、沖縄を元気にしていくような、
そんな一人ひとりになって欲しいと思います!

【株式会社mediba seasorizeカンパニー 会社説明会 のお知らせ】
研修をがんばっている新卒二名を交えた懇談会も予定している
19年度新卒採用に関するseasorize会社説明会を下記の通り行います。
リクナビ2019より受付をしておりますので、
就職活動中の学生の皆さま、ぜひぜひご参加ください!

■日時
4/26(木) 15:00~17:00 (受付開始 14:45~)

■会場:seasorizeカンパニー
沖縄県那覇市字小禄1831-1沖縄産業支援センター507

■申込
リクナビ2019より会社説明会の受付をしております。
下記リンクよりお申込みください。
⇒ リクナビ2019 seasorize 採用ページ

2019年度新卒採用 会社説明会@seasorize!

Share Button

はいさい! seasorize カンパニー企画部 松潤です。

半袖で過ごせる夏日かと思えば、
ジャケットを羽織るほどの肌寒い一日と、
ここのところ、気温は上がったり下がったり。

一週間くらい前までは、ブーゲンビリアも映える好天でも
風はやさしく吹いていて心地よかったんですけどね。。。ブーゲンビリア

そんな着るものに悩むお天気が続く毎日ですが、
去る4/12(木)に会社説明会@seasorizeオフィスを行いました!

事業内容説明や実際の現場を回るオフィス見学。
最後は就職相談のような質問会などなど。
皆さんが抱える疑問や不安を少しでも多く解消できるよう努めています。
会社説明会

来週4/26(木)にも、2019年度新卒入社の採用募集に関する
4月二回目の会社説明会を実施を予定しています。
リクナビ2019より受付を行っていますので、
就職活動中の学生の皆さま、ぜひぜひご参加ください!

~ 株式会社mediba seasorizeカンパニー 会社説明会 ~

(次回予定)
■日時
4/26(木) 15:00~17:00 (受付開始 14:45~)

■会場:seasorizeカンパニー
沖縄県那覇市字小禄1831-1沖縄産業支援センター507

■申込
リクナビ2019より会社説明会の受付をしております。
下記リンクよりお申込みください。
リクナビ2019 seasorize 採用ページ

 

それにしても、リクルートスーツでも暑くない
涼しいくらいな毎日だと助かるんですけどね。

seasorize 2018年度入社式を行いました!

Share Button

はいさい! seasorize カンパニー企画部 松潤です。

新年度を迎えた4月2日、夏を思わせる青空と
心地よい爽やかな風に恵まれる中、2018年度入社式が行われました。

今期、この沖縄の陣列に新たに加わった新卒社員は2名。
長濱カンパニー長より、共にseasorizeを築いていく人財にとの
期待を込めて入社証書が手渡されました。
入社証書授与_1

新社会人としての第一歩に、不安も夢も希望もいっぱいの二人。
彼らの未来を引き受ける我々も、身の引き締まる思いです。
入社証書授与_2

二人はこの後、会社生活やofficeなどの実務に関わる基礎研修、
本社事業を含めた事業内容研修、CREDOの研鑽や研修発表など、
約1ヶ月間の研修期間を経て、各部署に配属されます。

ぜひ、新しい風をばんばん吹き込んでいってほしいですね。
共に成長し、いっしょにHAPPYを広げていきましょう。
我々も、全力で応援していきますね!
(最後は次代の担い手である二人を囲んで記念撮影)
2018集合写真

最後に、seasorizeでは、2019年度新卒入社の採用募集を行っています。
下記日程で、オフィス見学を兼ねた会社説明会も実施いたしますので、
就職活動中の学生の皆さま、ぜひぜひご参加ください!

 

【株式会社mediba seasorizeカンパニー 会社説明会】(4月予定)

■日時
4/12(木) 14:00~16:00 (受付開始 13:45~)
4/26(木) 15:00~17:00 (受付開始 14:45~)

■会場:seasorizeカンパニー
沖縄県那覇市字小禄1831-1沖縄産業支援センター507

■申込
リクナビ2019より会社説明会の受付をしております。
下記リンクよりお申込みください。
リクナビ2019 seasorize 採用ページ

初めてにどきどき。あしたにワクワク。

Share Button

ハイサイ、広報ユニットです。

いつも多くの旅行客で賑わう沖縄の空の玄関、那覇空港。
年度末の今日は、進級や進学、そして就職と、
あすからの新生活に向けて旅立つ人々と、
それを見送る両親や友人たちも見られ、いつも以上の混雑ぶり。
airport

私もその一団に紛れて、飛行機や電車に揺られること3時間半。
気温20度。桜も満開目前。4月下旬並みの暖かさの東京・渋谷ヒカリエに到着。new4

あす4月1日。本社で行われる入社式に出席するため、
沖縄支店初となる新卒入社の3名とともに、東京本社に来ています。

緊張しながらも、オフィスのイスや机、
31階から見える景色の一つ一つに感激する姿が初々しい。
new2

あすから新社会人としてのスタート。
どんな毎日がはじまるのか、今からどきどき、わくわくの彼女たち。
そしてそれを迎え入れれる私たちも、とても楽しみ。
共に新しい沖縄支店を築いていきましょう!
new3

 

沖縄県初上陸は、即興劇?!

Share Button

ハイサイ、広報ユニットです。

海の向こうでは、第88回アカデミー賞の発表を控え、
徐々に盛り上がってきている様子。

「今年のオスカーに輝くのはどの作品か?」なんて、予想報道も流れてくる中、
とある会議室の一室で行われた、mediba沖縄支店の研修。

今まで実施してきたものとは一味違う、“即興劇” をベースとした体験型プログラム。
その名は、『インプロシンキング・ワークショップ』。
株式会社インプロジャパンさんとのコラボにより、沖縄県内企業で、初導入となりました。

アカデミー賞を目指すわけではないですが、みんな舞台稽古のような出で立ちです。
impro_opening

★インプロとは
即興(インプロビゼーション)から来た言葉で、
その場その場で起きたことを受け入れて創っていくエンターテイメント。

はい、台本も打ち合わせもありません。

たとえば、舞台をコンビニとして、一方がアルバイトを演じ出せば、
他方はそのフォーカスされた “場” 、 “面白くする” との共通の方向性(目的)の下、
『役割』を瞬時に考え、店長や客として演技する。

『インプロシンキング』は周囲の状況や自分自身を含む変化を瞬時に感じ、
受け入れることで、常に新しい変化を創造していくというもの。
これ、日々の生活でも、ビジネスでも求められるスキル。
impro_opening

普段、特に考えなく無意識(条件反射的)に行って、
凝り固まってしまった自分の考え方の “癖(くせ)” を認識し、
どこがポイントで何が必要かのコツを掴む。
より柔軟な “自分力” を高めるための研修というわけです。

これまで受けた研修と、だいぶ異なる内容に、
戸惑いを隠せない沖縄支店の管理職メンバー。
まずは、カラダのウォーミングアップから。
impro_warmingup1

緊張は解れてきたものの、
いつもはすることのない姿勢に
体幹はグラグラ、普段使わない筋肉はギシギシ。
これからトレーニングする頭や内面も、
きっとこんな感じなのかと思うと前途多難な予感。。。impro_warmingup2

徐々に頭の体操的な要素も加わって、
「さんかく」「しかく」「まる」「二重まる」と言われるがままに皆で整列。
※口頭での隊列調整等は厳禁

次第に「れ」「い」といった平仮名や、
「十」「中」といった漢字も追加し、全員で自在に隊列移動。
状況を把握し役割を担うとはどういうことなのかを体感していきます。

全体で動いた後は、二名一組での表現訓練。
下の写真は、文字ではなく、ある “モノ” を表現したものですが、
お題が何か分かりますか?

口で相談できない分、相手を慮って、自分のアクションを決める皆。
桜梅桃李と言っていいのか、人によって表現も様々です。。。
(みんな “ハサミ” のつもりです)
impro_hasami

午前中で心身ともにオーバーヒート気味の全員に
支給された、『彦本店』のお弁当。 lunch2

本当に疲労困憊だったメンバー。
ただひたすらに黙々と。。。午後の研修に向けて体力充電中。
lunch1

後半戦は、午前中の “序章” を踏まえて、
論理的な解説も交えながら、内容もステップアップ。impro_lecture2

それぞれが実際にやってみて感じたことを、フィードバックし合いながら、impro_extend2

どこが難しくて、自分にできないことが何なのか
次第に気付きも多くなっていく面々。
impro_extend3

研修の中では、『内面を鍛える』のほかに、
『内面を引き出す』ポイントの話も。
知らず知らずのうちに発想力を抑え込まないように、
管理職の舵取りも大事です。
impro_lecture1

終盤は、今日一日学んだことを総動員した4人組寸劇。
impro_4_1

一文節ずつ「わたしが○○村の」「村長で」「xxをしていたところ」「△△」と言ったように、
シリトリではなく、セリフを続けていく単純なもの。
ただし、当然ながら台本も打ち合わせも無しのため、
難易度は(今回の中では)最高レベル。impro_4_3

前の人が何を言うかで刻々と状況が変わる中、
どう続けようか悩む場面も多く、即興というにはほど遠い仕上がりながら、
インプロの片鱗を知ることはできたかな(?)impro_4_2

そしてラストは、全16名での一文節劇。
出だしは、「Kマネージャーは~」のセリフからスタート。
そこに「今日は」「誕生日です。来週から」「本社出張ですが」との滑り出し。
「東京に行っても」「頑張ってください」「お誕生日」「おめでとうございます!」と
きちんと16人目で締まったところで、 “HAPPY BIRTHDAY TO YOU♪” の大合唱。

研修中にまさかのサプライズで、Kマネージャー(写真中央)も満面の笑み。
最高の誕生日になったかな。おめでとー。kappa_birthday2

『ケーキを出す』以外は、タイミング不明、台本無し。
瞬時に “場” を読み、“目的” を察して、自らの “役割(セリフ)”を果たす。
正にインプロビゼーションの “触り” は実感できたはず。

あとは、私生活や日々の業務の中で発揮していけるか否か。
まだまだ遠く険しい道のりかもしれないけれど、力を合わせてやって行きましょうー!impro_ending

シブヤの戦士、沖縄に現る。

Share Button

ハイサイ、広報ユニットです。

『直接来て、見て、聴いて、 一つにしようよ皆の気持ちを!』を目的に

7月に引き続き、第二陣が終了した『琉球の風』。

8月某日。その逆バージョン(本社⇒沖縄)として、
東京オフィスから、サイトの企画・制作に関わる
T本部長、K部長、Nグループリーダーの3名が沖縄支店入り。おかし

プロジェクト名は、誰が付けたか『渋谷の喧騒』プレゼン

イケてる東京人に羨望の眼差しを送る、うちなーんちゅ・・・ではなく、
T本部長の軽快なトークに、自然と立ち見がぞろぞろ。
喧騒プレ4

まだ、東京本社に行ったことの無いメンバーにとっては全てが新鮮。
今回、訪沖できなかった本社担当者の個人的エピソードの紹介もあり、
作業の手を止めて、自席から立ち上がってスクリーンに目をやる人も。喧騒プレ3

そしてテーマは、 “人” の話から “業務” の話へ。
ズバリ、企画・制作って何しているんですか!喧騒プレ6

担当サイトを例に挙げながら、
“企画からサイトができるまで” や “サイト運営での苦労” など、
サイト制作の裏側に、細部までは知らなかった支店メンバーは興味津々。
喧騒プレ5
本社が制作したサイトに命を吹き込み、
日々の更新や様々な確認作業などの運用を担う沖縄支店は
「必要不可欠」と、T本部長が力説。支店大事

全体昼礼でも改めて、
沖縄の重要性と今後への期待を込めて感謝の言葉があり、
何かが胸にぐっとこみ上げてくる思いです。
全体挨拶

業務視察も兼ねつつ、時間が許す限り沖縄メンバーの中に。
(どこにいるか分かります?)アド昼礼2

実際に沖縄の運用業務にも挑戦。
作業内容やチェックリスト、使用するシステムについてなど、
お互いに質問をぶつけ合い、その度に深まっていく業務理解。
みな、真剣です。
モニタリング

真剣勝負をした後は、ランチを通じての懇親会。部屋 ケーキ取り分け2 ケーキ取り分け1

本社の沖縄にかける想いに、こちらも胸が熱くなる一方、
将来、自らも少しずつ制作の深部に携わりたいとの沖縄側の想いも
ぶつけることができ、とても刺激的な交流になりました。

次の『渋谷の喧騒』は10月下旬予定。
どんな出逢いと発見があるのか、今から楽しみです!

衛生委員会

Share Button

ハイサイ、広報ユニットです!

mediba沖縄オフィスでは、『労働安全衛生法』に基づき、
月1回の「衛生委員会」、産業医の先生による巡回指導を行っています。

『労働安全衛生法』とは、職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、
快適な職場環境の形成を促進することを目的とする法律。

常時50人以上の労働者を有する事業場ごとに、
衛生に関することを調査審議し、事業者に意見を述べるため、
「衛生委員会」を設置しなければならないんですね。

メンバー1人1人が、快適な環境で仕事ができるよう
「作業環境測定」も実施しています。
温熱条件(温度、相対湿度、気流)、
空気清浄度(二酸化炭素、一酸化炭素、浮遊粉じん量)騒音、照度等、
しっかりと『労働安全衛生法』で基準値が決まっています。
office

そのために必要なのは「衛生管理者」資格。
難点なのは、沖縄本島で試験が実施されるのが、年1回~2回ということ。
本土に比べると、回数が少ない!!
1発で合格すべく、毎年、受講希望メンバーが四苦八苦しながら、勉強をしています。

今年の試験は、11月2日(日)。残り1か月を切りました・・・。みんな頑張れ。
ちなみに、沖縄オフィスでは、現在2名の有資格者が勤務しています。
menkyo

最近、巷では、長時間労働、残業代未払い企業等が話題になっていますが、
「よい仕事は、よい心とよい身体によって生み出されるもの」。

medibaCREDOである「ヒトに"HAPPY"を。」に則り、
これからも、法令を遵守した活動を行っていきます。

■Mission
私たちは常に、世界中で営まれる一人一人の様々な生活を想像して活動を行い
medibaに関わる全ての" ヒト"に対して幸せを届けます