seasorizeカンパニー オフィス移転だより①

Share Button

皆さん、こんにちは!seasorizeカンパニーの親川です!

今回はオフィス移転に関するブログとなります!

seasoraizeカンパニーは、2022年度より中期経営計画を一新し、
生産性の高い働き方の文化醸成や、環境変化の激しい不確実な時代の中でも、価値提供ができる組織を目指しています。
今後も持続的に会社が成長するために新しい領域へチャレンジしていきたいと考えております。

新たな領域へチャレンジするうえでも、
社員が安心して働ける新たな環境(オフィス)を提供したいと考え
約10年間拠点としていた、那覇市小禄の産業支援センターを離れ、
今年の秋ごろ浦添港川へ移転いたします。

移転先では社員の意見を取り入れたオフィスにしたい!という思いから、
社員を中心としたメンバーでプロジェクトを発足し、鋭意活動中です。

新オフィスはseasorizeの名前の由来ともなった「海・空」がテーマとなっており、
オフィスの内装から家具まで1から検討を進めています!

今回は、 seasorizeのオフィスが入るビルを見学した様子を、写真とともにお届け致します♪

移転先のビルはまだ建設中。。。
見学に行ったメンバーはヘルメットを着用!安全第一で見学しました!

seasorizeが入るフロアに到着!
天井もまだない状態です。建設途中の建物の中を見学という貴重な体験をさせていただきました。

設計会社の方からビルやオフィスについての説明も受け、
移転後のイメージを膨らませます。
外の景色も見ることができ、ワクワクが止まりません(*’▽’)

現在は建物自体を工事していますが、建物の工事が終了したらオフィスの内装工事が始まります!
内装工事の時に、また見学したいと考えておりますので、
その様子についてもブログでお届けしたいと思います♪

また、seasorizeでは今までお世話になった会議室の椅子や休憩室の冷蔵庫などを新しく買い換えました!

新しい家具は現在のオフィスより新オフィスにいる方が長くなることを考慮し、
seasorizeをテーマに新オフィスにも合うようなデザイン・色を選考!
新しい家具を新オフィスで使用するのが楽しみです!

椅子は高さの調整だけでなくリクライニング有無の調整ができるものを選びました!
座ったとき、右手のバーを上下することで高さの調整、
左手のバーを回すことでリクライニングの有無を調整できます♪

移転プロジェクトメンバーみんなで検討して購入したので
社員の皆さまに気に入ってもらえると嬉しいです♪

これから新しいphaseに入るseasorizeカンパニー 。
社員の皆さまが新たな領域に挑戦するうえでも安心して働けるオフィス創りを
移転プロジェクトメンバーを筆頭に進めてまいります!

カンパニー長交代のお知らせ

Share Button

皆さん、こんにちは!
seasorizeカンパニーの佐久本です。

2022年度初投稿です!
今年度も社内イベントや社員の様子など様々なことを
本ブログにて発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年度は新卒社員としてブログを投稿しておりましたが、
時が経つのは早いもので、4月からは社会人2年目として業務に取り組んでいます。
今年度のseasorizeは8名の新卒社員が入社し、新卒研修がスタートしております。
頼れる先輩となれるよう1年目の学びを活かし、後輩社員をサポートしていきたいと
思います!

さて、今回は新年度の組織体制の変更に伴いカンパニー長交代がありましたので、
新旧カンパニー長からのご挨拶を掲載いたします。

長濱真常 前カンパニー長 (4月よりカンパニー役員に就任)

・カンパニー長としてのこれまでを振り返ってみて

2017年10月にカンパニー長となり、早くも4年半たちました。
当初は安定させることに必死でいろんな方にご心配とご迷惑をお掛けしました。
未熟な点、至らなかった点が多々あったと思いますが、事業として成長できたことは
関係各位の皆様のご指導とご支援があればこそと実感しております。
心より感謝申し上げます。

・後任へのエール

22年度以降の新たなスタートに向けて、さらなる成長を目指すべく
新カンパニー長を主軸に策定されたseasorizeカンパニーの
中期経営計画の発表がありました。
前任の私の力不足で残課題もある中での大きなチャレンジになりますが
これまでも数多の壁を乗り越えてきた兼城カンパニー長と
上原副カンパニー長を筆頭に頼りになる仲間たちとともに
新しいseasorizeが躍動すると確信しています!

・社員へのメッセージ

沖縄支店設立時のスタッフ時代から数え、約11年間本当にありがとうございました。
たくさんの迷惑もかけてきましたが、支えていただいた皆様に
心から感謝しております。
働く場所が東京本社になり役割も変わることで、
seasorizeの皆と直接会って話す機会が減るのは残念ですが、
seasorizeを支えていくミッションは継続していくので、
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

兼城義貴 新カンパニー長

・新カンパニー長としての意気込み

前カンパニー長の長濱さんが築いてきた信頼や実績をさらに発展させ
seasorizeの可能性を最大限に伸ばしていけるよう、
組織一丸となって推進していきます。
私自身、まだ未熟で至らない点が多々ありますが、持続的な成長実現に向けて
全身全霊で取り組んで参りますので、引き続きご協力の程宜しくお願い致します。

・社員へのメッセージ

現中期経営計画も凡そ計画通りに推進することができ、
事業として、組織としても持続的な成長を実現することが出来ています。
来期からも新たに策定した中期経営計画の実現に向けて
seasorizeの挑戦は続いていきます。
新たなフェーズに入っていく中で環境含め様々な変化が訪れると思いますが、
恐れずに楽しみながら一緒に進んで行きましょう!

今年度も皆様に”HAPPY”を届けられるよう社員一同努めてまいります!
新体制としてスタートしたseasorizeを今後ともよろしくお願いいたします。

オンラインでも大盛況!
2021年度 納会

Share Button

皆さん、こんにちは!21年度新卒の知念です。
2022年が始まり、早いもので1ヵ月。時が経つのは本当に早いですね(⊙_⊙;)
皆さんはこの1年をどのような1年にしていきたいですか?

私は、今年から先輩社員となるので、
これから入社してくる後輩達の良いお手本となれるよう、より一層気を引き締めて
業務に励み、プライベートでは何か夢中になれる趣味を見つけたいと思っています!
皆さんも、仕事にプライベートに充実した1年になると良いですね!

さて本日は、去る12月28日に開催された納会の様子についてご紹介していきます!

「皆で繋がるHappyジャンボ大会~Get a Dream~」をテーマに、
1年の頑張りを労うと共に、夢をつかみ取って来年への飛躍の糧となる機会とするべく
懇親会プロジェクトメンバーの皆さんが企画してくれました!

周年祭と同様、コロナ感染防止の為オンラインでの開催となりオフィスでは自席からの参加となりました。

今回も懇親会プロジェクトの新卒メンバーが司会を務め、副カンパニー長の挨拶から納会がスタートしました!!

挨拶の後は、写真当てゲーム、ジェスチャーゲーム、ビンゴ大会が
開催されました(*^_^*)

・写真当てゲーム

投影された写真が何の写真なのかを当てるゲーム!

最初は写真の一部を投影し、20秒ごとに移る範囲が広まっていきます。

数々のユニークな写真に、オンラインのチャット欄は皆さんの思い思いの回答で溢れかえりました!

・ジェスチャーゲーム

懇親会プロジェクトメンバーが行ったジェスチャーを当てるゲーム!

新卒メンバーの可愛いジェスチャーに加え、プロジェクトオーナーのIさんのジェスチャーにオフィスは大盛り上がり!!!

・年末ビンゴ大会

オンラインという事で、PDFのビンゴカードを用いて行われました!

見事ビンゴした方には豪華景品がお渡しされました!

レクの後にはカンパニー長からの挨拶を頂き、納会の最後を飾ってくださいました。

では、ここで運営を担当した懇親会プロジェクトメンバーへのインタビューを
ご紹介します。

Q1:納会を終えての感想
まずは無事終えることができて良かったです!そして、率直な感想としては悔しさが残る納会となりました。
皆さんにリアルタイムで楽しんで頂ける納会を目指しましたが、その分周年祭とは異なるイレギュラー対応も多々発生しました。
タスクの可視化や情報整理をしっかりすること、細かい点の認識合わせをもっと徹底するべきだったと、本番を経て見えた部分もたくさんありました。
切り替えつつ、今回出た反省点は次回の期末会に活かしていきたいです!

Q2:今回の運営で大変だったこと(工夫したこと)は何か
納会当日の対応方法を決めていく過程です。
レクを事前収録で行った周年祭に対し、納会は全てリアルタイムで行うものでした。
出社でもオンライン参加でも楽しめる内容かつ、その場で対応できる工夫が必要だったので、プロジェクト内で「こうなった場合はこうする!」という場面想定と内容を決める過程が大変でした。
納会前日まで「この場合はどうする?」という話が出たので、リカバリー方法の用意も含め、事前にあらゆるパターンを想定・先回りしていく大切さを実感しました。

Q3:周年際を経験して今回の納会に活かせたこと
進捗管理方法を見直して、プロジェクト内で実施できたことです。
もともと各タスクを進捗管理表で追っていましたが、その管理表が活用できず、進捗管理が上手く行えなかったことが周年祭の反省点でした。
今回は管理表を大幅に改修し、ミーティング内で管理表を基にした確認やその場で更新する時間なども設けました。
その結果、最新の進捗状況がよりスムーズに行えるようになりました!
納会の結果を踏まえつつ、進捗管理をより良く行う方法は今後も模索していきたいです。

Q4:次回の期末会に向けて
3月開催の期末会は、周年祭や納会よりも準備期間が短くなります。そのため、これまで取り組んできたことを踏まえつつ、準備によりスピード感を持たせる必要も出てくると思います。
最初の質問で答えた通り、納会はイレギュラー対応で手一杯となり「悔しい」という気持ちが大きく残る結果となりました。
期末会は社内のみなさんもプロジェクトメンバーも楽しめるイベントにできるよう、プロジェクト一同頑張っていきます!

オンライン開催という難しい状況の中、周年祭での学びを活かし納会を開催できたことで、多くの社員が1年の頑張りを労い、楽しむ事ことの出来た素敵な会になりました。
懇親会プロジェクトの皆さん、企画考案から運営まで本当にお疲れ様でした!!!

また、今回で今年度最後のブログとなります。
新卒ながら、ブログを通してseasorizeで働く社員の方々や社内イベントの様子をお伝えすることができとても良かったです!
最後のブログもお読みいただきありがとうございました。
次年度のブログもお楽しみに(❁´◡`❁)

2022年 新年のご挨拶

Share Button

あけましておめでとうございます!
21年度新卒の佐久本です。

2022年の干支は「寅」ですね!
虎は『決断力と才知』の象徴としての意味があり、縁起物としても
親しまれているそうです。
私は寅年なので、虎のように決断力があり頼もしい存在になれるようこの1年
頑張っていきたいと思います。

さて、今回は年始の恒例行事、『会社祈願』に参加させていただきましたので、
その様子をお届けします!

1月4日の仕事始め。昨年同様新型コロナウイルス感染に配慮し、
少人数での護国神社訪問となりました。

長濱カンパニー長がおみくじに挑戦。
今年の運勢はなんと「大吉」!
2022年、良いスタートが切れそうです!

今年も日頃の感謝をお伝えし、社員の安全と会社の繁栄を祈願いたしました。
祈願を終えた後は皆さんで集合写真をパシャリ!
皆さんマスクを着用していますが、マスクの下は素敵な笑顔です(*^▽^*)

そして、長濱カンパニー長から新年のご挨拶を以下に掲載いたします。


新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別な御高配を賜り、誠に有難く御礼申し上げます。
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けておられる皆様におかれましては
心よりお見舞い申し上げます。
弊社もテレワークを含めた新しい働き方を導入するなど
数年前までは考えもしなかった課題に試行錯誤しながらも
関係各位の多大なるご支援を賜りつつ、お客様に温かく支えていただき
無事に22年を迎えることができました。
心より感謝いたします。
22年も、株式会社mediba seasorizeカンパニーとして
ここ沖縄から、お客さまのビジネスをプロフェッショナルとして支え
ひとりひとりが支え合い、安心して働ける企業を目指し
社員一丸となって取り組んでまいりますので、引き続きご愛顧の程
お願い申し上げます。
新しい年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げ
年頭のご挨拶とさせて頂きます。


私たちスタッフも支え合いの心を忘れずに、本年も引き続き業務に
取り組んでまいります。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

次回のブログは年末に開催した「納会」についてお届けする予定ですので
お楽しみに!最後までお読みいただきありがとうございました!

コロナ禍でも明るく・楽しく‼
第2回#SeaTuuube!!

Share Button

皆さん、こんにちは!
新卒の佐久本です。

本日は12月24日クリスマスイブ!
9月末に緊急事態宣言が解除され、今年は家族や友人とクリスマスシーズンを
楽しまれている方も多いのではないでしょうか。
とは言え油断は禁物です。マスク着用や手洗いうがいなどの感染予防対策は引き続き行っていきましょう!

seasorizeでも新型コロナウイルス感染予防・拡散防止の為以下の対策に取り組んでいます。

・オフィス入室時の検温(37.5度以上は入室不可)
・手指消毒の徹底
・マスクの着用
・リモートワークの導入

社内では飛沫防止シート・アクリル板を活用し、社員同士の感染防止に努めております。

現在はコロナの感染状況も落ち着き社内にも少しずつ活気が戻ってきましたが、
テレワークの社員も多いため、社員同士の交流があまり多くない印象があります。

そこで、「もっとseasorizeを盛り上げたい!」「リモートでも社員が楽しめる企画を!」という思いから今年度より新たに#SeaTuuube!!がスタートしております!

今回は先月行われた第2回#SeaTuuube!!の配信の様子をお届けします♪
第1回配信の記事はこちら

今回ゲストとして来ていただいた方は…

事業推進2部付の長嶺雄大さんです!

第1回ゲストの野原さんからの紹介で今回参加してくださった長嶺さん。

自己紹介コーナーでは野原さんスタイルを受け継ぎ、動物占いを元に自己紹介していただきました!長嶺さんは黒ヒョウでコアラの野原さんとの相性がバッチリみたいです(笑)

質問コーナーではお仕事からプライベートまで様々な質問に回答していただきました!

料理が趣味という長嶺さん。実際に作った料理の写真も見せていただき、クオリティの高さに一同驚き!また、ダイエット法についても熱く語ってくれました!

そしてミニゲームコーナーではゲストと新卒チーム対抗で全3問の「超接写クイズ」に挑戦!
画面に超接写で映し出されたキャラクターの名前を早押し形式で回答するゲームです♪

新卒チームに答える隙を与えずどんどん答えていく長嶺さん。
結果は全問正解で長嶺さんの勝利!(^▽^)
後日長嶺さんにはお菓子の詰め合わせをプレゼントいたします♪

最後はみんなで記念写真をパシャリ。

今回も超大盛り上がりの配信となりました!!
企画にご協力いただいた長嶺さん、本当にありがとうございました!

最後までお読みいただきありがとうございます。
次のブログもお楽しみに!

2021年度上期
ベストパフォーマンス賞発表!

Share Button

皆さん、こんにちは!
新卒の佐久本です。

気づけばもう11月ですね!
1年が経つのは本当にあっという間に感じます。残すところ約1か月となりましたが、悔いを残さないように業務もプライベートも充実させていきたいですね!

さて、今回は先月社内で開催された「2021年度上期ベストパフォーマンス賞」
表彰式の様子をお届けしていきたいと思います♪

さっそく受賞者の発表!と行きたい所ですが、
「ベストパフォーマンス賞ってどんな賞?」と思った方もいると思うので
簡単にどのようなものかご説明いたします!

ベストパフォーマンス賞とは…

日々の業務における成果を見える化し、seasorizeで働くスタッフを称賛する
機会を設けることを目的とした制度です。ベストパフォーマンス賞では 2つの賞を設けており、結果に関わらず果敢にチャレンジした個人・チームを讃える
「ベストチャレンジ賞」、効率化や生産性を高め、組織貢献した個人・チームを讃える「ベストアウトプット賞」となっております。

表彰式はAward・広報プロジェクトのメンバーで運営を行いました!
初めての司会にドキドキの2人。音響も確認し本番に臨みます。

今回はどなたが選ばれたのでしょうか?
まず、「ベストチャレンジ賞」に選ばれたのは…

S.Iさんです!

今回、S.Iさんは
『新規領域へのチャレンジと横断的な組織への貢献』
という内容で エントリーがございました!

次に、「ベストアウトプット賞」に選ばれたのは…

S.Kさんです!

今回、 S.K さんは
『登録系業務の作業手順モニタリング・統一による約0.2人月の工数削減、また作業工程の見直し・提案・作成などによる0.049人月削減 』という内容で エントリーがございました!

そして今回は受賞された S.I さん・S.Kさんにインタビューを行いましたのでご紹介いたします!

ベストチャレンジ賞:S.Iさん

Q1:賞を受賞しての感想をお願いします。
A:私から言いたいことは大きく2つ、「新規領域に挑戦できるチャンスを
いただけてありがとうございます」ということと、「周りのみなさまが
助けてくれていただけた賞だ」ということです。いつも思うのは、私がすごいのではなく周りの人に恵まれているということです。みなさまのおかげで自分のやるべきことに集中でき、少し自信を持てるようになりました。
これからは私がみなさまの周りの素晴らしい方々の一部になれるよう、より精進して参ります。

Q2:今回運用・編成ディレクターとしてアサインされましたが、対応の中で最も苦労した部分は何ですか?
A:元々行っていた運用業務では、基本的に定められた手順に従って作業する
必要がありました。それがディレクター業務に就いた途端、「手順を自分で考える」「全体の流れを理解して指示する」「先方に納得いただけるような資料を作る」といったような、これまでとは明らかに違う業務が待っていました。
よく知らない業務の資料を作ることになりましたが、資料を作ったことも無く、業務知識も無く、思うように手が進みません。そうして一人あたふたしている時、以前から仲良くさせていただいている本社の方に「相手に伝われば資料の見た目なんか気にしなくていいんだよ(意訳)」といったようなことを言われ、気持ちが一気に楽になりました。
その後自分なりに資料を作り、大勢の先方の方相手に説明し納得いただき、沖縄の担当者へ作業を依頼してスムーズに開始できた!といったようなことが、業務に就いてわずか1か月の間にありました。今思い返してもこの1年の中で最も大変だったのはその時期でしたが、最初に心底大変な思いをしたことで、これがディレクターというやつなのかな?と自分の中で考えが変わったことを覚えています。

Q3:今後挑戦してみたいことはありますか?
A:ものづくりを推進している本社にはディレクター以外にもサービスグロースに必要な専門知識を持った様々な担当者がいます。みんな本当に素晴らしい方ばかりで、自分もいつかこうなれるといいなと思っています。そして自分はディレクターとして一人前になるまであと 2、3 年くらいかかるかな?と思っているので、今は目の前のことに必死ですが、まずは一人前になることを目指したいと思います。

Q4:社員に向けてのメッセージ
A:私は仕事の際、「手順より目的を理解する」ことを大切にしています。
例えば運用業務では手順に縛られがちですが、「どのような目的でこの手順を
やっているのか」ということを理解できていると、運用変更やイレギュラーな
対応が発生した時にもすぐに頭が切り替えられると思うからです。
みなさまの中にもそのように、自分の中で大切にしていることがあるかと思います。それぞれの大切にしていること、信念やモットーを聞いてみたいので、チームの垣根を超えた交流を深めていけると嬉しいです。

Q5:賞金は何に使う予定ですか?
A:趣味のバンドの機材をなにか買おうと思います。
seasorizeはバンドをやっている方も多いと思うので、ぜひ声をかけて
いただけると嬉しいです。

ベストアウトプット賞:S.Kさん

Q1:賞を受賞しての感想をお願いします。
A:取り組んだ内容が評価された事は素直に嬉しいです。
ありがとうございました。

Q2:今回工数削減・人月削減の実施が評価されましたが、その中でも最も苦労した部分は何ですか?また、どのような試行錯誤をされましたか?
A:自分1人での作業や取り組みでは改善が難しい内容なので、課題に対しての認識合わせや知識共有は苦労しました。
「工数」という普段よく目にする言葉ではありますが、理解度と認識には個人差が大きくあり、その差を小さくするためにチーム全体へ周知された工数資料を
作業工程毎に細分化・改修し、ミーティング等で再共有・説明を繰り返し行いました。

Q3:今後挑戦してみたいことはありますか?
A:工数削減については、今後も無くならない課題です。
そして今回はチーム内のごく一部の業務でしか取り組みが出来ていないです。
今後はチーム内の別業務でも同様の取り組みに着手していきたいなと考えて
います。

Q4:社員に向けてのメッセージ
A:今回1人で実施した内容ではなく、チームメンバーと一緒に楽しく取り組めたなと感じています。
みなさまもどうか1人で悩まず、抱えず。チームとして取り組んでいければ、
毎日笑顔で仕事が出来ると思います。

Q5:賞金は何に使う予定ですか?
A:我が家の老齢猫のためにキャットタワーを…と思いましたが、未定です。

お二人とも今回の受賞本当におめでとうございます!
また、インタビューにご協力いただきありがとうございました!

下期もAward・広報プロジェクトでベストパフォーマンス賞を実施していく
予定です。
上期よりもさらに素晴らしい賞にできるようプロジェクトメンバー全員で
頑張っていきますので楽しみに待っていただけると嬉しいです!
最後までお読みいただきありがとうございました(^-^)

CREDOのチカラ!
コロナ禍でも社員奮闘!

Share Button

皆さん、こんにちは!
seasorizeカンパニーの東盛です。

10月に入り、今年度も半分が過ぎましたがいかがお過ごしでしょうか。

今回は8月にお伝えしたCREDO推進プロジェクト の第2弾をお伝えします!

※CREDOについてのご説明はこちら

seasorize全社員向けに「4月~8月、CREDOを実践していた人は誰ですか?」というアンケートを実施し、高評価だった社員を紹介します。

まず、ご紹介するのは、「品質に誇りを持つ」のValueを体現してチームに貢献しているS.Kさん。

「品質に誇りを持つ」 の Value でチームに貢献するS.Kさん

★社員からのコメント
・いかに早く、正確に作業ができるかを検討し、時間がかかっている工程のモニタリングを実施。感じたこと、改善点等を周りのメンバーに共有してくれた。

・テレワーク業務が多く、直接お話しできない環境の中だが、コメントを頂いたことで、質問しやすく、作業もスムーズに行えた。いかに効率よく、スピーディに対応するかは業務の品質を向上させる上で大切なことです。
プロフェッショナルな業務を追求するS.Kさんは社内には欠かせない存在となっていると感じます。

「早く」「正確に」というのは仕事をしていく上で大切な要素ですが、業務に没頭するとなかなか意識することが難しいことでもあるので、その解決を促してくれるS.Kさんはとても貴重な存在ですね。

次に、ご紹介するのは「本音で語り合う」の Value で社員からの信頼が厚いM.Mさん。

「本音で語り合う」の Value でメンバーからの信頼が厚いM.Mさん

★社員からのコメント
・業務でわからないことがあり質問をしてもすぐに返答があるのでとても助かる。
・コミュニケーション能力がとても高く、なにかあったときに相談しやすいし、そういった環境も作ってくれるのでとてもありがたい。
・とても気配りができるので、厳しいことを言われても傷つくことなく素直に聞き入れることができる。

業務中はわからないことがあったときは、周囲のメンバーに気を遣うものですが、相談しやすい人がいるととても心強いですね。
さらに厳しいことは言いづらいものですが、相手に傷つけずに指摘できるところはとても信頼されていると感じました。

他にも社員から高評価だった社員を紹介します。

・信頼される人になる K.Tさん

★社員からのコメント
・K.Tさんがいると周囲の雰囲気やチーム全体がとにかく明るい。
・全員で盛り上げている感じが合って良い。チームとして結束力を感じる。

・真心をもって向き合う N.Nさん

★社員からのコメント
・まだ教えていない業務の内容も理解し始めていて、それに関するイレギュラーすら検知・周知してくれる積極性が抜群。
・人当たりもよく、常に笑顔を絶やさず、どんな人とも明るく接してくれ、優しさを具現化したような人柄。

★ オールマイティにCREDOのValueを実践 する社員も!

オールマイティにCREDOのValueを実践しているとして高評価だったのがH.Kさん。

★社員からのコメント
・業務効率化のための取り組みをみて自分もチームのために何ができるか考えるきっかけになった。
・率先してまとめ役になってくれるので、すごく助かる。
・常にメンバーとの連携を取っている。新人さんにも丁寧に声掛けをしコミュニケーションを取っている。
・また、ミーティングや朝礼などでも自らの考えをしっかりと伝えている。

アンケートには多くの社員と実践している内容が挙がっており、
今回ご紹介した社員はそのごく一部です。

コロナ禍により多くの社員がテレワークという環境で、
直接会ってお互いの思いを伝えることが難しいのが現状ですが、
CREDOを実践し、お互いを支え合い、高め合っているということがわかり、
とても感動しました。

これからも「CREDO」で私たちの働く場を明るく、楽しい場所にしていきます!

2021年度周年祭&
第1回#SeaTuuube!!

Share Button

皆さんこんにちは!
新卒の佐久本です。
今回は8月に行われた社内イベントの様子をお届けしていきたいと思います!

―周年祭―

まず1つ目は「周年祭」!
今年は「沖縄支店立ち上げから数えて10周年」というseasorizeにとって節目の年
となっています。
そこで懇親会プロジェクトの皆さんが「おめでとう・ありがとう」をテーマに素敵な
イベントを計画しました!

フレッシュな新卒2人の司会から周年祭がスタート!!
今回の周年祭はオンラインでのムービー上映会が行われました。

~当日のプログラム~
・周年祭の概要説明
・オープニングムービー上映
・口頭折り紙選手権の動画上映
・結果発表
・カンパニー長挨拶

コロナ感染防止の為、オフィスではそれぞれの席からムービーを鑑賞しました。

始めのオープニングムービーは10周年に相応しい圧巻の迫力!
そして、東京本社の社長、副社長、役員、seasorizeの各管理職の皆様からお祝いの
メッセージをいただきました。
メッセージからはこの10年を駆け抜けてきた皆様の想いが伝わってきます…!

続いて「口頭折り紙選手権」のムービーを上映。
「リモートでも皆が楽しめる企画を!」ということで今回は全チームが口頭折り紙選手権に参加しました。

口頭折り紙とは…
完成品を知っているガイドの指示だけを頼りに参加者が折り紙に挑戦するという
シンプルなゲームです。

ムービーでは4つのお題に分かれて各チームが口頭折り紙にチャレンジ。
私もガイド役として選手権に参加しました!(^O^)/
今回私たちのチームがチャレンジしたお題は「セミ」。

事前に用意した作り方を元にガイドが皆に向けて折り方を説明していきます。
「間違ってる自信しかない…!」
「迷子になってるよ~」
そんな会話も交えつつ、果たして結果は・・・

誰も「セミ」の原形をとどめていない!!(泣)
でもそれが口頭折り紙の醍醐味。皆が楽しめればOKです★

そして特別ゲストとして管理職チームも挑戦!
お題は同じく「セミ」でしたが、結果は・・・

皆さんかなり高い完成度。さすが管理職チーム、
伝える力・受け取る力がピカイチです!
と思いきや…右下に謎の使徒が(笑)

同じお題でもチームごとに個性があって面白いムービーとなりました!
チームの絆も更に深めることが出来たのではないでしょうか?
ムービーの最後には全チームの作品を集めた折り紙ケーキを披露!
皆さんの想いが詰まったケーキとなりました(^-^)

そして最後に今回運営を担当した懇親会プロジェクトメンバーへのインタビューと
参加者の声をご紹介します♪

■懇親会プロジェクトメンバー

・今回の運営で大変だったことは何ですか?
タスクのスケジュール管理が大変でした。タスクの進捗が遅れてしまい、
周年祭直前まで準備に追われているという状態でした。
プロジェクトのオーナーさんや各上長などにもご協力いただき、
何とか周年祭に間に合いましたが計画性をもって動くことの大切さが
身に沁みました。

・周年祭を終えての感想
初めて企画・運営に携わるイベントということもあり成功するか
ドキドキしましたが周年祭後、参加してくれた方から
「楽しかった!」等の喜びの声を
いただくことができて達成感を感じました。
テレワークで参加していただいた皆さんもコメントでたくさん
盛り上げてくださり嬉しかったです。今回の周年祭で得たものを、
次のイベントに活かしたいです!

■参加者の声

・10周年記念感が出た素敵な動画編集。クオリティに驚きでした!
折り紙は伝えるのが難しいなと思いつつもチームワークが試される
面白い企画だったこと、他チームの方の
顔を知ることが出来たのでよかったなと思います!(M.M)

・全部良かったのですが、折り紙ケーキという形で最終的に全ての成果物に
スポットが当てられたのがプロジェクトメンバーの繊細な心配りや
企画力が発揮されていて、非常に素敵だと思いました。(T.S)

コロナ感染拡大防止の観点からオンラインでの実施となりましたが、多くの社員が
参加し大成功の会となりました。
懇親会プロジェクトの皆さん、本当にお疲れ様でした!

―第 1 回#SeaTuuube!!―

続いてご紹介するのは「#SeaTuuube!!」

#SeaTuuube!!とは毎回ゲストをお迎えし、その方の知られざる一面を
トークコーナーやミニゲームを通してどんどん引き出していく
というYouTube風の動画番組。
新卒の知念さんが中心となって新たに立ち上げた企画です!

そんな#SeaTuuube!!ですが、先月に第1回目の配信を行いました。
6月にご入社されたグループマネージャーの野原さんをゲストに迎え
第1回#SeaTuuube!!がスタート。

YouTubeのようにテロップや効果音もバッチリ入っています!

配信の中では野原さんによる自己紹介や社員の皆さんから寄せられたお便りを紹介。
お便り紹介では仕事に対する質問やちょっと踏み込んだプライベートの質問など
様々な質問にユーモアを交えながら回答していただきました!

そしてミニゲームコーナーでは新卒と野原さんの4人で「絵しりとり」に挑戦!
前に描いた人の絵を見て10秒で次の絵を描き、4人の絵がしりとりとして繋がれば
成功です。

4人が描いた絵がこちら。

4枚目の「ウホ」に注目!皆さんは何かわかりましたか?

結果は…
ねこ(知念)→ことり(呉屋)→りんご(佐久本)→ごりら(野原さん)
ということで見事成功!
野原さんが描いたゴリラは審議が入りそうですが・・・
今回は初めての挑戦ということで成功としましょう!(笑)

後日野原さんにはお菓子の詰め合わせをプレゼントいたしました!
今回は企画にご協力いただき、本当にありがとうございました。

大きなミスもなく配信を無事に終えることが出来ました。
リアルタイムで見てくれた皆さんからツッコミや暖かいコメントを多数いただけて
嬉しかったです!

以上、今回は2つのイベントについてご紹介いたしました。
これからも新卒を中心に各プロジェクトで seasorize カンパニーを盛り上げていきたいと思います!
次回のブログ配信もお楽しみに♪

新卒1日密着!

Share Button

皆さんこんにちは!
新卒の佐久本です。

第1回目のブログでは新卒7名による座談会の様子をお届けしましたが、今回は更に3名の新卒にフォーカスして現在の様子をご紹介していきたいと思います!
最後までお読みいただけると幸いです(*^-^*)

当社では新型コロナウイルス感染防止対策の為、現在テレワーク最大化しており、オフィスで対応必須の業務以外はテレワークでの対応を取り入れています。

今回インタビューを行った3名はそれぞれオフィス勤務、テレワーク勤務、シフト勤務と 様々な形で業務に励んでおります。

チームの業務内容によって主な勤務形態が異なる3名ですが、
各勤務のメリット・デメリットについても触れていますので注目してみて下さい。

ではさっそくインタビューに移っていきましょう!

1人目:知念さん(審査チーム/オフィス勤務)

Q1:現在どのような業務を行っているか教えてください。
KDDI提供サービスの導入を検討している企業様からの申請の審査、登録を行っています。申請が来たら審査を実施しますが、その際必要に応じて企業様へお問い合わせを行うこともあります。審査完了後に登録を行います。

Q2: 一日のスケジュールを教えてください。

Q3:なぜ現在の部署を選びましたか?
自分自身に力を付けたいと思ったからです。研修時の業務説明で審査チームは難しいと聞き、そこで働くことで自分のスキルを成長させ、seasorizeの運用スキルを身につけることで基盤ができるのではないかと思い審査チームを希望しました。 

Q4:実際に部署の雰囲気はどのような感じですか?また、配属されてみてギャップなどはありましたか?
部署の雰囲気はとても良いなと感じました!配属されてからすぐにあだ名を付けてくれて、今でもそのあだ名で呼んでくださっています。そのくらい皆さんとても優しくて話しやすいです。また、思っていた以上に業務が難しく、そこにはギャップを感じました。

Q5:現部署でやりがいを感じたエピソードを教えてください。
審査を進めていく中で、自分の判断に自信を持って行う事ができた時と、審査に掛かる時間を縮める事ができた時です。最初は、レクチャーをしていただいている方に何をしたらいいのか聞きながら行っていたので、1つの審査をするのにかなり時間が掛かってしまっていました。その時と比べると成長することができたと感じますし、1日に対応できる案件も増やすことができたので、その点でやりがいを感じました。

Q6: オフィス勤務のメリットとデメリットを教えてください。
メリットは分からないことがあった時にすぐに聞けることだと思います。 直接コミュニケーションを取ることができるので、分からない事があれば詳しく聞くこともできます。特に、私たちのような新人は分からない事だらけなので、先輩にすぐ聞ける環境であることはすごくありがたいです。 逆にオフィス勤務でデメリットだと思う部分は無いです! 家も会社からそこまで遠くないので、オフィス勤務が大変だと思った事は1度もないです。

Q7:では最後に今後の抱負をお願いします!
まだまだ習得すべき業務スキルは沢山あって勉強中ですが、 決められた時間の中で、自分でしっかりと判断でき正確に審査できるようになりたいと思っています!そして、チームに貢献できるよう頑張っていきたいです!

2人目:呉屋さん(広告・メディア管理チーム/テレワーク勤務)

Q1:現在どのような業務を行っているか教えてください。
auユーザー向けアプリに掲載される広告をKDDIの広告掲載基準に則って審査を行っています。掲載基準はアプリによって異なるので、分類表や基準表を用いて対象の商材を確認していきます。広告の言い回しや表現にも問題がないかチェックし、基準をクリアした広告のみを承認しています。また、アンケートなどのメールマガジン配信設定も行っています。

Q2: 一日のスケジュールを教えてください。

Q3:なぜ現在の部署を選びましたか?
理由は2つあります。1つ目は大学時代に「広告には企業が創りあげた商品とお客様のニーズをマッチさせる橋渡しの役割を持っている」と学び、広告の仕事に携わることで1人でも多くの人の生活を豊かにしたい(日常生活の中の楽しみを増やしたい)と思ったからです。2つ目はこの部署で自分のコミュニケーション力を伸ばしていきたいと思ったからです 。

Q4:実際に部署の雰囲気はどのような感じですか?また、配属されてみてギャップなどはありましたか?
テレワークなのでオフィスと比べて比較的やり取りは少ないのですが、温かい雰囲気で働きやすいチームです。また、ギャップは薬事法などを覚えることがたくさんあるとお聞きしていたのですが、思っていたよりも覚えることがあったことです。商材によって審査基準が異なってきますし、表現の仕方によってもOKかNGが決まるのでその判断が難しいと感じています。

Q5:現部署でやりがいを感じたエピソードを教えてください。
入稿された広告の滞留件数が6万件ほどあったのですが、メンバーと一緒に日々対応することで無事に0件にすることができたことです!自分も誰かのために役に立てていると実感できましたし、滞留件数を0件にした1人のメンバーであると思うと達成感が得られます。誰かのために自分も何かができると感じられることが、私にとって嬉しいことです。

Q6: テレワーク勤務のメリットとデメリットを教えてください。
メリットはテレワークだと出社時よりもゆっくり準備できることです。また、出勤時まで時間があるので心に余裕を持って仕事に臨むことができます!
逆にデメリットは分からないことがすぐに聞けないことです。出社時なら分からないことを隣にいる先輩に聞けるのですが、テレワークだと今知りたいことがすぐに知ることができないので常にメンバーとコミュニケーションを取り、自分から周りに声をかけていくことを意識しています。  

Q7:では最後に今後の抱負をお願いします!
まだまだ覚えることやレクチャーがたくさんありますが、1日でも早く覚えて先輩たちや一社員として役に立てるように頑張っていきます。また、業務と同時進行でプロジェクトも進めており日々のタスク管理や時間配分が大変ですが、そういった自分の足りない所をプロジェクトなどで養っていきたいです。そして、いつか周りから信頼される人になり、1人でも多くのユーザーが楽しめるコンテンツを創っていけたらいいなと思っています!

3人目:佐久本さん(ニュース編成チーム/シフト勤務〈13:00~22:00〉)

Q1:現在どのような業務を行っているか教えてください。
私が業務で扱っているサービスはキャリアユーザー向けのニュースページで、ニュース編成業務では主に見出しの作成とニュース編成を行っています。
見出しの作成は色んな媒体(新聞社やニュースサイト)が出す記事の中からユーザー様にお届けする記事を厳選し、Web上に掲載する用に見出しを付けます。見出しは14文字以内の制限があるので、媒体が元々つけている見出しや記事の内容を参考にして一目でわかりやすい見出しを考えています。ニュース編成は自分たちが見出しをつけた記事の中からどの記事を主要ページに出すのかを考え、記事の並びの入れ替えなどを行います。

Q2: 一日のスケジュールを教えてください。

Q3:なぜ現在の部署を選びましたか?
現在の部署を選んだきっかけは自分が行った業務が多くのユーザー様へすぐ届く所に魅力を感じたからです。また、seasorizeだけでなく東京本社の方と一緒に仕事が出来ることにも憧れを感じていたのでニュース編成チームを希望しました。

Q4:実際に部署の雰囲気はどのような感じですか?また、配属されてみてギャップなどはありましたか?
私たちのチームの雰囲気は普段は和気あいあいとした感じです。業務の合間も記事に関して意見を交わしたり、雑談したりすることもあるので楽しいです。また、ギャップは思っていた以上にニュースに関する知識が必要だと感じた所です。配属前まではネットニュースをたまに見るぐらいだったので世の中で今何が起こっているのかを知りませんでした。その為、配属当初はどのニュースが大事なのか、どのような情報をユーザー様に届けるべきかを考えることに苦労しました。

Q5:現部署でやりがいを感じたエピソードを教えてください。
自分が見出しをつけた記事が多くのユーザー様に読んでもらえた時に凄くやりがいと達成感を感じます。また、定時ニュースの配信時に自分が見出しを付けた記事を選んでもらえた時は「重要な記事を選ぶことができていたんだ!」と自分の成長を感じることできました。

Q6: シフト勤務のメリットとデメリットを教えてください。
メリットは自分の好きな日に休みが取りやすい所だと思います。
また、これは遅番の時間帯の勤務で得をしたことですが、勤務が13時からなので出勤前に市役所などに行くことが出来ます(笑)通常の 9 時~18 時勤務の場合だと中々時間を作るのが難しいと思いますが遅番は午前中の時間帯を自由に使えることが出来るのでその点もメリットに感じています。
逆にデメリットだと思うところは土日に休みをもらえるとは限らないので、友人などと遊ぶ時間を作ることが難しい所です。また、遅番の時間帯として大変だと感じた所は生活リズムが夜型になり早起きが苦手になってしまったことです。でも出来るだけ起きる時間を固定して仕事前は軽い運動を行ったり、ご飯をしっかり食べたりして健康を保っています!

Q7:では最後に今後の抱負をお願いします!
今はまだ周りについていくので精一杯ですが、日々試行錯誤しながら自分でできることを増やしていけるように頑張ります!これからもっとユーザー様に必要な情報、有意義な情報を届けられるようにスキルを磨いていきたいです!

新卒の皆さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました!
次回は2021年度周年祭と今年から新たな企画としてスタートした#SeaTuuube!!についてお届けする予定です。お楽しみに!

社員をつなぐseasorize’s CREDO ~新卒は見た!CREDOな先輩達~

Share Button

皆さん、こんにちは! 
seasorizeカンパニーの東盛です。

まだまだ暑さが残る今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。 

今回はAward・広報PJで取り組んでいる、 
seasorize’s CREDO推進プロジェクトについてご紹介したいと思います。

CREDOとは、ラテン語で「志」、「約束」、「信条」と言った意味で、 
seasorizeで働くすべての人が共有する価値観です。Mission・Vision ・Valueから成る「seasorize’s CREDO」にのっとり、 社員一丸となって業務に励んでいます。 
今回私は「CREDOを実践している社員をピックアップし、社員同士が感謝しあう関係を作り、 今まで以上に過ごしやすい会社にしたい」 
その思いからこのプロジェクトを立ち上げました。

CREDOには「5つのValue」があります。 その「Value」を実践している社員について、 2021年度新卒の皆さんに「CREDOのValueを1つ選んで研修中や配属後にCREDOを実践していた先輩とその行動を教えてください」 というアンケートをしてみました。 

★信頼される人になる 
あなたと一緒に仕事をしたい、心からそう思われる人財であり続ける

・C.Nさん
新人を常に気にかけてくれて、日々の過ごし方などニュース業務外のことも丁寧に教えてくれました。 本番の業務に入ったばかりの頃はチームの方々と交流も少なく、戸惑いや緊張もあったが、C.Nさんからダイレクトメッセージをもらい色々相談できたことで本番環境に慣れることが出来ました。 
日頃から新人だけでなくチーム全体の為に周知や業務の改善に関する提案などを積極的に行っている方なので、私も彼女のような社員になりたいと思いました。

 ★品質に誇りを持つ 
積み重ねてきた経験を活かし、付加価値のあるサービスを提供し続ける 

・M.Tさん 
検証のためのデータを見やすくする作業用ツールをエクセルで作成していました。 ツールを使うことで、検証の効率化をすることができ、尊敬の念を抱きました。 

・QR決済チーム 
配属されて1か月と少しの間に審査業務の判断基準に関しての話し合い、たくさんのことが変わりました。 
現状を過信せずより良くしようとする動きがあります。 既存のものをより良くしようとする動きがとても活発だと感じています。 より生産性の高い業務を行う、という品質に誇りを持っているからこそ、 こういった動きがあるのではないかと思います。

★真心をもって向き合う 
互いを尊重し、どんなことでも思いやりの心を忘れずに取り組む 
 
・M.Iさん 
日常業務と私へのレクチャーでお忙しい中、私の質問や相談にいつも丁寧に乗ってくれたり、たまには雑談してくれたりと、私に真心をもって向きあってくれました。 私が先輩という立場になったとき、M.Iさんのように 真心をもって後輩にたくさんのことを教えられる人になりたいと思いました。

 ・H.Mさん 
業務内容について詳しく教えてくれたり、業務以外の事についても気にかけてくれたりしてサポートしてくれました。 
チームのメンバーとコミュニケーションを取っていたり、分からないことだらけの自分の事を常に気にかけてくれたりして、本当に感謝しています。 
自分もH.Mさんのように、周りを見れることができる力を身に付け、 そして周りから頼られる存在になれるよう成長したいと思いました。  

★本音で語り合う 
自らの思いを伝え、相手の気持ちを引き出す努力を惜しまない

 ・S.Oさん 
職場体験時に新卒の方と仲良くなるために、名字ではなく下の名前で呼び合っていました。 
また、親しくなるためにご自身のことをオープンにしてお話しされていました。 
私は周りの方と仲良くなりたいけど、どういった行動をすればいいのか分からず、 どんな話をすると盛り上がるのかなと考え込んでしまいます。 
しかし、S.Oさんは「仲良くなりたいからみんなの下の名前で呼んでいくね!」と自分の考えを伝えたり、相手に質問する前に自己開示をして自分のことを知ってもらうという行動をしており素晴らしいと思いました。 
伝えることや行動にすることが大事で、S.Oさんを見習って自分も配属先で実践しようと思いました!

新卒社員から「 CREDO実践している」と高評価を得た社員

★信念を持って挑戦する 
変化する環境をチャンスと捉え、自ら変えることができる喜びを分かち合う

こちらの Valueについては、執筆者である私から見て「信念を持って挑戦している」と感じている「2021年度新卒の皆さん」にあげたいと思います。

入社3か月余り、慣れない環境の中で  自らを高め、業務や各プロジェクト等で力を発揮しています。  
先輩の力を借りながら 企画、提案を  「信念を持って挑戦する」 姿は社内に希望を与えてくれています。 各企画を前年度の内容や先輩からの助言を参考にするだけでなく、 自分のアイデアをプラスして作り上げているところに意識の高さを感じます。  実業務も慣れるのに大変だと思いますが、 会社を盛り上げるためにしっかりと取り組んでいるところでがんばっているなと思います。

以上が、2021年度新卒の皆さんから「seasorize’s CREDOを実践している人」として挙がった社員の皆さんでした。 CREDOを実践している先輩が新卒の皆さんの見本となり、 目標となっていると感じます。

新卒の皆さんの活躍は今後もブログでどんどん紹介していきたいと思いますので、お楽しみに!

これからも「seasorize’s CREDO」で私たちの働く場を盛り上げていきます。